• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール


now loading
  『ぴあののアトリエメソード』は、ピアノを習う子供たちが無理なく楽しみながら一貫してレッスンを積み重ねるための、新しいピアノメソードです。 このメソードは、現代の子どもたちを取り巻く現状を踏まえたうえで、
1、楽しみながらピアノを弾けるようになることによって、意欲と自信を持たせること。
2、どの子どもでも生まれながらにもっているさまざまな能力を最大限に引き出せること。
〜の2点を考慮して完成されました。
◆ 2007年、山本英子先生によって発表された本シリーズは、以降様々なテキストを出版し、英語併記版も備えて います。

表内の各画像をクリックして頂くと、そのテキストの説明&商品が表示されます。





{Maker::makernm}

鮮やかな表紙カラーの『ぴあののアトリエ』は、可愛いイラストのキャラクターとともに3歳でも楽しくレッスンを始められます。
♪ 第1巻は、中央ドに左右の親指を置くポジションからスタート。
♪ 第2巻から両手奏、第3巻からは変化記号・重音・連弾が登場。
♪ 第4〜6巻は、名曲も教材に採り入れて音楽的体験を広げながら、表現力や演奏技術の向上を目指します。
●終了後は『やさしいロマン派』『やさしいバロック』へ。
{price}買い物カゴ

{Maker::makernm}

【やさしいバロック】
『ぴあののアトリエ 銑Α戮筺悗圓△里離▲肇螢 コンサート 銑Α戮鮟の擦気譴進のための、バロック音楽入門曲集です。バロック音楽の鍵盤楽器のための作品の中から、ピアノ学習者が楽しみながら無理なく弾ける曲を厳選してまとめました。
【やさしいロマン派 .屮襯ミュラー ▲好肇蝓璽椒奪】
『ぴあののアトリエ 銑Α戮筺悗圓△里離▲肇螢 コンサート 銑Α戮鮟了された方のための、ロマン派音楽入門曲集です。有名なブルクミュラー「25の練習曲」の代表的な12曲と、ストリー ボック、グルリット、リヒナー、ランゲなどの楽しい曲や美しい曲を厳選
【ソナチネセレクション】
ベートーヴェン、クレメンティ、クーラウ、ディアベリ、モーツァルトのソナチネ作品から、10曲を選んだ曲集です。
{price}買い物カゴ

{Maker::makernm}

【バッハ・スタディ】
『ぴあののアトリエ やさしいバロック』を修了された方のための、バッハ作品集です。バッハの2声、3声程度のポリフォニー作品の中から、できるだけ取り組みやすい曲を選んでまとめてあ ります。
【ショパン・スタディ】
中級程度以上のピアノ学習者のための、ショパンの作品集です。
【ソナタ セレクション】
ソナタの作品のうち、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンの作品の中から6曲を選んだ曲集です。
{price}買い物カゴ

{Maker::makernm}

『ぴあののアトリエ 戮妊團▲里離譽奪好鵑亡靴譴董5本の指を使えるようになったら、レッスンや毎日の練習での「指の訓練」として、『ぴあののアトリエ テクニックA』から併用を開始して頂けます。また『ぴあののアトリエ』の進度とは別に、ひとりひとりのペースに 合わせて、テクニックの訓練が進められるよう作成されています。
{price}買い物カゴ

{Maker::makernm}

『ぴあののアトリエ テクニックA〜C』までを修了された方が、さらに発展的なピアノテクニックを習得するための練習曲集です。
本書はハノンとツェルニーの曲集から、内容的に重複しないように留意して選曲し、長すぎるものは練習しやすい長さにまとめました。 また、このテキストでは、ハノンとツェルニーの曲を1〜2曲ずつ交互に配置して、バランスよくテクニックのための練習効果を得られるように工夫しました。 特殊な技巧の曲はさけ、汎用性の高い技巧のための曲を集めてまとめました。
{price}買い物カゴ

{Maker::makernm}

『ぴあののアトリエ コンサート 銑Α戮浪山敕表現の幅を広げながら、演奏的経験を楽しく積み重ねることを目的としたテキストです。
『ぴあののアトリエ コンサート 銑』では中心となるピアノメソード『ぴあののアトリエ 銑』の各レパート リーが持っているそれぞれのねらいや難易度と、対応させて構成していますので、このテキストで要点の理解を深め、応用する力をつけることができます。
『ぴあののアトリエ コンサートぁ銑Α戮任話羶瓦箸覆襯團▲離瓮宗璽鼻悗圓△里離▲肇螢┃ぁ銑Α戮粒憧と同じ レベルで弾ける曲を、バロックから近代の曲ばかりでなくクラッシックの枠を超えたジャンルからも取り入れていま す。このテキストでの多くの音楽体験によって、楽しみながら意欲的に演奏力を発展できるように構成しています。
{price}買い物カゴ

{Maker::makernm}

みんなで交替しながらPIANOを楽しむ! 2人だけではなく、数人が楽しく交替しながら1曲を演奏するように編集しています。
{price}買い物カゴ

{Maker::makernm}

,任蓮⊃討靴澆笋垢ぅ團▲龍覆箚標抗擽覆鮗茲蟶ぜて編曲しました。ピアノを習う子どもたちばかりでなく、保護者の方や、しばらくピアノのレッスンから遠ざかっていた方にも気軽に弾いていただくことができます。
△牢標抗擽塀犬如▲團▲里捻藾佞靴撞し擇乏擇靴爐海箸できるように編曲してあります。また、,茲蠅眈し難易度が高い曲も収録していますので、さらにレベルアップを目指すことができます。
本書では、ピアノ以外の楽器のために作曲された楽曲をピアノで弾く機会を取り入れることで、音楽的な表現力や応用力を磨きます。 ピアノ曲にはないダイナミクスや表現を学び、幅広い音楽性を身につけることができます。
{price}買い物カゴ

{Maker::makernm}

国内外のよく知られたポピュラー曲を、ピアノソロとして楽しみながら弾くためのテキストです。 多くの方々がどこかで耳にしたことのある親しみやすい曲ばかりを集めて、中級程度の方なら無理なく弾けるように留意しながら、それぞれの曲が持つメロディーやリズム、 そしてコード(和音)感覚を、イメージどおり再現できるように編曲してあります。 また、収録された曲の多くは歌ですが、ピアノ譜としての煩雑さを避けるため、あえて歌詞は省略しました。本書を活用して、気軽に弾けるピアノソロのレパートリーを広げてください。
{price}買い物カゴ

{Maker::makernm}

『がくてんのアトリエ 銑Δ蓮▲團▲離瓮宗璽鼻悗圓△里離▲肇螢┃ 銑Α戮箸箸發法▲團▲里鮟う子どもたちが、無理なく、楽しみながらレッスンを積み重ねるための、 新しい楽典のワークテキストです。 『ぴあののアトリエ 銑Α戮瞭睛討暴犁鬚垢詆分もありますが、本書だけを独立させて用いても、子どもたちが楽典を勉強するための教材として、すぐれた効果を期待できます。
特に、以下の3つの点を重視しています。
■1.ピアノやピアノ以外の楽器の勉強を始める、最も初期の段階から、或いは、楽器を始める前の前提となることから取り上げること。 したがって、適切な指導者のもとであれば、2〜3才であっても無理なくこなしていくことができる内容から始めること。 
■2.第6巻まで終了したときには、音楽を理解したり演奏するための基本として十分な知識と、さらに高度な勉強を志したときにその基盤とするに足る能力を身につけられること。
■3.前出の1.2.を簡潔で無駄のない、一貫した手順で展開していくこと。
{price}買い物カゴ

{Maker::makernm}

音楽を習う人が知っておくべき基本的で重要な楽典をわかりやすく解説し、項目ごとに 演習問題を解きながら、確認できる方式を採った実践的な楽典学習書です。 初歩的なことから発展的な知識までを掲載しています。 また、がくてんのアトリエ 銑Δ鮟了した方が楽典をより深く学ぶためのテキストとしても使用していただけます。
{price}買い物カゴ

{Maker::makernm}

『ぴあののアトリエ楽典レッスン´◆戮鮟の擦靴進が、楽典の知識を音楽の理解に役立てて実際に活用するための トレーニングを行うことを目的としています。 すでに一定レベル以上の知識をお持ちの方が、楽譜の基礎、音程、調、和音、楽語などについて、さまざまな形式での問題を解いて知識を確実なものにしていただくことができます。
△任蓮△茲蠎汰的な問題にあたれるようになっており、実際の音楽や楽譜の理解に役立つ多くの楽典問題にあたっていただけます。 繰り返しチャレンジすることで、皆様の『楽譜に対するセンス』に磨きをかけてください。
´△箸癲各ページごとにいくつかの項目にわたった問題を偏りのないように配置し、100点満点で採点できる方式にしてあります。
{price}買い物カゴ

{Maker::makernm}

音楽を習う人が楽譜を速く正しく読むことができるようにするための実践的な問題集です。
楽譜は、音価(音の長さ)をあらわす音符が、水平に引かれた線の上に書かれるか、線と線の間に書かれるかによって 音の高さを示す、きわめてシンプルなものです。 しかし、その仕組みを理解して楽譜に慣れていなければ、多くの音符が登場する実際の楽譜に向かうと、譜読みがとても 難しいものに感じられてしまいます。
,任蓮∈献據璽犬縫慍撒号表、右ページにト音記号表の問題を配置し、次第に音域を広げて無理なく譜読みトレーニングを できるように構成し、実際の楽譜も問題として取り入れるように配慮しました。
△任麓尊櫃龍覆粒敝茲睫簑蠅箸靴涜燭取り入れるよう配慮しました。
´△箸癲▲據璽犬瓦箸忘療世垢襪海箸砲茲辰椴紊澆砲覆襪茲Δ帽夫しました。
{price}買い物カゴ

{Maker::makernm}

『ぴあののアトリエ 譜読みトレーニング´◆戮鮟の擦靴進が、音域を広げ、より実践的な読譜力を養うための譜読み問題集です。 トレーニング1〜26までは、左ページにヘ音譜表、右ページにト音譜表の問題を配置し、広い音域の譜読み力を強化できるように構成し、 トレーニング27から実践問題集として実際の曲のさまざまな楽譜を取り入れました。 また、ページごとに採点することによって励みになるよう工夫してあります。
{price}買い物カゴ

{Maker::makernm}

楽典の苦手を補強し、もう一度勉強しなおしたいという方から、試験のためという方、また教育機関でのテキストとしてもお使いいただけるよう、 無理なく楽典を学習できることを目的としています。 「速習編」で楽典を総合的に学習して理解し、「ドリル編」で多くの練習問題に取り組むことによって楽典をより確実なものにできるように構成しました。
{price}買い物カゴ

{Maker::makernm}

視唱と聴音を学ぶためのテキストです。 1回分のレッスンで取り組むことができる量の問題を1ページにまとめ、各ページごとに 第1問は視唱、第2問はリズム打ち、第3問はリズム打ち付視唱、第4〜5問は聴音の基本問題としました。
,任蓮∋擁音符、二分音符、付点二分音符、全音符と、それぞれと同価の休符を使っての、ト音譜表での視唱とリズム打ち、 聴音の基本として単音、重音、ハ長調の4つの和音を聞きわけることを学びます。
△任蓮↓,燃惱した内容をもとにして、新たに八分音符、付点四分音符、タイを用いて、ハ長調、ト長調、ヘ長調、イ短調、ヘ音譜表での視唱とリズム打ちを学びます。 聴音ではハ長調、ト長調、ヘ長調での書き込み問題や和音の聞きわけを学びます。
では、´△燃惱した内容をもとにして、新たに八分休符、付点八分音符、16分音符を使っての、8分の6拍子、臨時記号をも含む視唱とリズム打ちを学びます。 聴音では、大譜表での書き込み問題、8小節の旋律書き込み問題にも取り組みます。
各問題は、少しずつ新しい要素を盛り込みながらも、決して難しく感じないで済むように、ほんの少しずつ難易度を高めたり、前出要素の復習を兼ねています。
{price}買い物カゴ

{Maker::makernm}

ぴあののアトリエメソード著者の渾身のメッセージ!楽しいレッスンを追求するだけでは何も解決しません。生徒や親は無意識に何を求めているのか? 結局、ピアノレッスンの社会的役割を認識し、教育という観点で真剣に向き合ってアイデアを出し、それを実行する勇気を持たなければならないのです。
{price}買い物カゴ

{Maker::makernm}

一人一人の生徒の具体的な練習量と、その練習量からどういう結果がレッスンで現れているのかということをわかるようにしています。
【使い方】
左上から右へ、練習時間10分を1マスとして、色をぬったり、好きなシールをはるなど工夫して、毎日記録していきます。 1ページで10時間、全部で100時間をめざしてがんばりましょう。 集中して練習できた分だけを記録するように注意を促しながら、生徒が練習を楽しめるためにご活用ください。
{price}買い物カゴ