• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
声楽曲の作曲原理(音楽書)の画像

品切れ
商品名:
声楽曲の作曲原理(音楽書)
(142620/マドリガーレからリートまで言語と音楽の関係をさぐる)
出版社:
音楽之友社
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
12,960円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
328
編著者:
訳:村田千尋
著者名:
ヴェルター・デュエル
ISBNコード:
9784276142626
初版日:
2009年8月10日
一口メモ:
『言語と音楽:歴史・ジャンル・分析モデル』という原題をもつ本書は、14世紀から20世紀にいたる声楽史の研究書であり、かつ「声楽」について体系的に論じたジャンル論である。研究者はもちろん、演奏家にとって必読の書といえよう。
収載内容
 
■序論
 
■第1部 マドリガーレからモノディまで
 
■第2部 モノディの後継者「コンツェルト」、レチタティーヴォ、アリア
 
■第3部 ウィーン古典派時代のアリアとアンサンブル、ロマン派リート
 
■第4部 まとめと展望