• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
ベルリン・フィル あるオーケストラの自伝(音楽書)の画像

商品名:
ベルリン・フィル あるオーケストラの自伝(音楽書)
出版社:
春秋社
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
2,700円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
384
編著者:
訳:市原和子
著者名:
ヘルベルト・ハフナー
ISBNコード:
9784393935408
初版日:
2009年8月10日
一口メモ:
波瀾万丈の125年。歴代のスター指揮者とともに激動のドイツ近現代史を生き抜いた世界屈指の音楽家集団、その情熱と執念の物語。
収載内容
 
■第1章 楽団の誕生
 
1882〜87(プロイセン王国−ドイツ帝国)
 
■第2章 ビューローの時代――スター指揮者の登場
 
1887〜92(ドイツ帝国)
 
■第3章 ニキシュの時代――高まる名声
 
1895〜1922(ドイツ帝国−ワイマール共和国)
 
■第4章 フルトヴェングラーの時代――戦禍の中で
 
1922〜45(ワイマール共和国−ナチス・ドイツ)
 
■第5章 チェリビダッケの時代――廃墟からの再出発
 
1945〜54(占領−東西分割)
 
■第6章 カラヤンの時代――栄華と葛藤
 
1955〜89(東西ドイツ)
 
■第7章 アバドの時代――独裁から協調へ
 
1989〜2002(東西ドイツ−「壁」の崩壊−統一ドイツ)
 
■第8章 ラトルの時代――未来@ベルリン・フィル
 
2002〜(統一ドイツ)
 
[付]人名索引