• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
金賞よりも大切なこと(音楽書)の画像

商品名:
金賞よりも大切なこと(音楽書)
(コンクール常勝校 市立柏高等学校吹奏楽部 強さの秘密)
出版社:
Stylenote
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
2,160円(税込)
サイズ:
四六
ページ数:
304
著者名:
山崎正彦
ISBNコード:
9784903238364
初版日:
2009年10月1日
一口メモ:
人間として生きていくための教育を行うコンクール常連校とは。教育の本当のパワーを教えてくれる本。
収載内容
 
■第1章 石田修一という人
 
1.吹奏楽にすべてを捧げてしまった人
 
2.吹奏楽であっても全人教育
 
■第2章 (いちかし)とは
 
1.柏市立柏高等学校はイチカシと呼ばれて
 
2.(いちかし)の1年間
 
■第3章 石田流の練習に見たもの
 
1.厳しい指導と高度な音楽的要求
 
2.音へのこだわり シンバルの音にも
 
3.驚きの練習密度 「休憩」がない
 
4.200人の土曜・日曜日
 
5.高い次元を求めていくからこそ大切にしなければならないもの
 
■第4章 (いちかし)の本番に見たもの
 
1.(いちかし)は地元のスター軍団だった!
 
2.ピッコロ・ソロに見る「石田流マジック」
 
3.一糸乱れぬパフォーマンスの意味するものは「夢」
 
4.「靴の裏磨け!」とは?
 
5.舞台裏でのもうひとつの美技
 
6.裏方の荷さばきは引越しのプロ顔負け
 
7.裏方の仕事は心のなせるもの
 
8.次の日から、また変わらぬ日常が
 
9.マーチングでの、もうひとつの(いちかし)
 
■第5章 コンクールの季節がやってきて
 
1.普門館組決定50人の音になって
 
2.普門館組以外の部員の見せる顔
 
3.練習は、いつもの延長線上で
 
■第6章 千葉県大会で見たもの
 
1.千葉県大会予選での妥協のなさが石田流
 
2.初めて見た彼らの高校生らしい姿
 
3.千葉県大会本選でのバックステージ
 
4.歓喜の瞬間 県代表校に
 
■第7章 東関東大会で見たもの
 
1.舞台袖での涙
 
2.代表校発表 ライバル校へのエール
 
3.表彰式を終えての雑感
 
4.「おめでとうございます」の重さ
 
■第8章 そして普門館へ
 
1.普門館「全日本吹奏楽コンクールとは」
 
2.ホール練習 普門館を想定しての音楽表現と音へのこだわり
 
3.課題曲と自由曲との絶妙な距離の取り方
 
4.普門館前日  移動のバスで
 
5.普門館前日 石田の意外な一面
 
■第9章 いざ普門館
 
1.普門館には魔物が潜んでいる!
 
2.普門館 バック・ステージ 第1話
 
3.普門館 バック・ステージ 第2話
 
4.普門館 バック・ステージ 第3話
 
5.普門館 バック・ステージ 第4話
 
6.普門館 バック・ステージ 第5話
 
7.普門館 バック・ステージ 第6話
 
8.普門館 バック・ステージ 第7話 場外編
 
■第10章 コンクールの季節 ■第2弾 秋 横浜編
 
1.全日本高等学校吹奏楽大会in横浜
 
2.横浜バック・ステージ ハマでも(いちかし)
 
3.横浜バック・ステージ チューニングでは鬼になる石田
 
4.横浜バック・ステージ 久々の200人
 
5.横浜バック・ステージ (いちかし)人形
 
6.横浜バック・ステージ V10なるか?
 
7.横浜バック・ステージ 終演後のファイン・プレー
 
8.横浜バック・ステージ 番外編 驚きの生徒の一言
 
■第11章 コンクール季節 ■第2弾 秋 幕張編
 
1.マーチング・コンテスト
 
2.幕張への道 熾烈を極める日ごろの訓練
 
3.幕張への道 その練習に見た石田の超人的な発想
 
4.幕張への道 その練習に見た石田の超人的な「耳」
 
5.幕張本番 場外編 (いちかし)の存在感
 
6.幕張本番 突然アリーナへ
 
7.幕張本番 涙が溢れ出る感動
 
8.幕張本番 薄暮の場外
 
9.幕張本番 閉会式 公式戦最後の名演『蛍の光』
 
10.コンクールの秋 第2弾終幕 公式記念写真
 
■第12章 部活のなしうるもの
 
1.部活動か授業か
 
2.石田の明快な答え それでも部活動の教育力は見過ごせない
 
3.合奏という営みに充ち溢れる教育的な瞬間
 
■第13章 (いちかし)だけではない石田
 
1.講演者としての石田は「笑い」をとる名人
 
2.石田の指導哲学のバックグラウンド
 
3.「生きる力」を身につけさせる
 
4.地元社会人吹奏楽団の指導者としての石田
 
5.指導主事石田の教える授業の基本
 
■第14章 次世代を育てるという意味であるなら
 
1.(いちかし)に散在する責任ある活動
 
2.極める吹奏楽であるから説得力がある
 
3.200人の学んだもの
 
4.(いちかし)の集大成チャリティーコンサート
 
5.(いちかし)に息づく“ありがとう”の精神
 
6.人としての美しさ、品性に触れて
 
7.(いちかし)卒業生への伝言