• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
フランス音楽史(音楽書)の画像

商品名:
フランス音楽史(音楽書)
出版社:
春秋社
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
4,104円(税込)
サイズ:
四六
ページ数:
514
著者名:
今谷和徳、井上さつき
ISBNコード:
9784393931875
初版日:
2010年2月25日
一口メモ:
フランスとは何か」、その定義から始まって、いまだフランス国家というものが成立していなかった中世から21世紀まで、ダイナミックに変貌する音楽史を一望する。
収載内容
 
第1章 盛期中世の聖歌と世俗音楽(9世紀〜13世紀)
 
第2章 後期中世の新しい潮流(14世紀〜15世紀前半)
 
第3章 近代の始まり(15世紀〜16世紀)
 
第4章 ブルボン王朝初期の宮廷とパリ(17世紀前半)
 
第5章 ルイ十四世の世紀(17世紀後半)
 
第6章 ロココの時代(18世紀)
 
第7章 フランス革命とナポレオンの時代(18世紀末〜19世紀初頭)
 
第8章 王政復古と七月王政(19世紀前半)
 
第9章 第二共和政と第二帝政(19世紀後半)
 
第10章 第三共和政前期(19世紀後半〜20世紀初頭)
 
第11章 二つの世界大戦とフランス(20世紀前半)
 
第12章 第二次世界大戦後のフランス音楽(20世紀後半〜)