• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
ヴァイオリンの奥義(音楽書)の画像

商品名:
ヴァイオリンの奥義(音楽書)
(203770/ジュール・ブーシュリ回想録(1877〜1962))
出版社:
音楽之友社
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
3,456円(税込)
サイズ:
四六
ページ数:
248
編著者:
マルク・ソリアノ/訳:桑原威夫
ISBNコード:
9784276203778
初版日:
2010年8月5日
一口メモ:
フランスの名ヴァイオリニスト、ブーシュリが、回想録でその演奏の奥義を分析し、明らかに。、19世紀末から20世紀初めの空気感、パリ音楽院の光と影、下積み生活を送る音楽家のたまご、気難しいスター、魅力的な作曲家などについて貴重な証言を伝える。
収載内容
 
■第1章 記憶の赴くままに
 
■第2章 往時のパリ音楽院
 
■第3章 ラウル・ピュニョ、イザイ、マルシック
 
■第4章 ディエメールとサラサーテ
 
■第5章 ディエメール家の夜会
 
■第6章 パブロ・デ・サラサーテ、イザイ
 
■第7章 フランシス・プランテ
 
■第8章 シャルル・ラムルー
 
■第9章 ベルト・モリゾ、ポール・ヴァレリー
 
■第10章 リスレール
 
■第11章 ジャック・ティボー
 
■第12章 ジュール・マスネ
 
■第13章 レナルド・アーン
 
■第14章 ガブリエル・フォーレ
 
■第15章 ガブリエル・フォーレ、ドビュッシー
 
■第16章 サン=サーンス
 
■付録
 
レナルド・アーンの書簡 
 
アルフレッド・コルトーの書簡 
 
N.ヌヴー夫人の書簡 
 
ジャック・ティボーの書簡 
 
ダニー・ブランシュヴィッグの書簡 
 
ドヴィ・エルリの書簡 
 
人名・用語解説 
 
追悼ドニーズ・ソリアノ 
 
■訳者あとがき 
 
■ジュール・ブーシュリ生徒名簿