• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
アドリブがとぎれない50のルール(CD付)の画像

商品名:
アドリブがとぎれない50のルール(CD付)
(1842/リットーミュージック・ムック/ギター・マガジン)
出版社:
リットーミュージック
ジャンル名:
雑誌・写真集 / ロックギター教本
定価:
1,836円(税込)
サイズ:
B5
ページ数:
128
著者名:
四月朔日義明
ISBNコード:
9784845618422
初版日:
2010年9月10日
一口メモ:
うまく楽しくアドリブが弾けるようになるための、50のアイディアをお伝えします。全ジャンルに対応しているので、ギター・プレイの幅を広げたい方にも最適!!
収載内容
 
■1章 指板を味方にするスケールとコードの読み解き方
 
 ルール1 何はなくともキーを把握することから始めよう!
 
 ルール2 メジャー・スケールなくしてアドリブは成らず
 
 ルール3 コードに合う音と合わない音を前もって知っておこう
 
 ルール4 コードを分解すればメロディアスに弾ける!
 
 ルール5 オクターブの位置関係を活用せよ
 
 ルール6 コンパクトなフォームはどこでもハマる!
 
 ルール7 リズム・モチーフを使ってよりメロディアスに!
 
 ルール8 音の高さと音程差は感情の動きを表現する!
 
 ルール9 ”とりあえず3度”でアドリブに流れを作る!
 
 ルール10 スケール音の羅列を使えるフレーズに変える”ライン引き”
 
■2章 一気にアドリブがあふれ出すブルースの魅力
 
 ルール11 ”ペンタ一発”にワンポイント加えて他のスケールとの関連を知ろう
 
 ルール12 ブルージィに弾けばほぼ乗り切れる!
 
 ルール13 歌うように滑らかにチョーキングを使いこなそう
 
 ルール14 言いたいことはハッキリと! しゃべり過ぎは逆効果
 
 ルール15 マイナー・ペンタ+αでマンネリから脱却
 
 ルール16 横移動ポジションでさらにフレーズを歌うように!
 
 ルール17 チョーキング+ブルー・ノートでさらにブルージィに!
 
 ルール18 小編成でのソロは複弦を使って音を分厚くしよう
 
 ルール19 メジャーとマイナーのペンタトニックを自由に行き交う!
 
 ルール20 クォーター・チョーキングでさらにコッテリしたブルース感を
 
■3章 定番リックでアドリブが続く!
 
 ルール21 フレーズの”仕込み”はプロもやっている!
 
 ルール22 半音ずらして簡単スケール・アウト!
 
 ルール23 ”コード一発”を乗り切る即効スケールを活用
 
 ルール24 民族音楽的スケールで世界旅行をしてみよう
 
 ルール25 規則性を持つ駆け上がりフレーズで盛り上げる
 
 ルール26 聴き手をハッとさせるリズムの”裏切り”テクニック
 
 ルール27 一気にジャズっぽくなるツー・ファイブ・リックを習得
 
 ルール28 ロックン・ロールの定番リックでハジけよう!
 
 ルール29 ポリリズムを使って刺激的なトリック・フレーズを
 
 ルール30 ”ギターの武器”=開放弦を効果的に使うべし!
 
■4章 どんな場面でも切り抜けられるアドリブの秘技
 
 ルール31 コードを見失っても慌てずにリカバーする
 
 ルール32 コード・フォームからアドリブのラインを導き出す
 
 ルール33 ここぞという時の特殊奏法で盛り上げよう!
 
 ルール34 ピックを落としてもアドリブは止めない!
 
 ルール35 弦が切れてしまったら別のポジションで対処!
 
 ルール36 超絶ロング・トーンで息継ぎのできない緊迫感を演出
 
 ルール37 ギター・ソロの”音抜け”に気をつかってみよう
 
 ルール38 機材のコンディションが悪くても前向きな気持ちを失わない!
 
 ルール39 ピッキングのコントロールでサウンドを自由自在に
 
 ルール40 ボリューム・ノブこそ最強のエフェクターだと心得よ
 
 ルール41 バックのサウンドが薄い時にはダブル・ストップを導入
 
 ルール42 ディレイを使いこなして宇宙的なサウンドに
 
 ルール43 ルーパーを活用してひとりバンドを結成!?
 
■5章 いつでも実力が発揮できるバンド・アンサンブルの心得
 
 ルール44 ドラムのノリからグルーヴをつかみ取る
 
 ルール45 ベース・ラインがわかればリズム・モチーフが決まる
 
 ルール46 セッションで使われる定番曲を押さえておこう!
 
 ルール47 自分用の譜面を用意して万全の備えを!
 
 ルール48 最初のカウントが曲全体のグルーブを決める
 
 ルール49 他の楽器とは真逆のアプローチをしよう
 
 ルール50 良いアドリブとは何か、常に考え続けよう!