• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
大作曲家の和声(音楽書)の画像

品切れ
商品名:
大作曲家の和声(音楽書)
(341)
出版社:
シンフォニア
ジャンル名:
音楽理論書
定価:
4,860円(税込)
ページ数:
324
著者名:
D・デ・ラ・モッテ
ISBNコード:
9784883950348
(4-88395-034-4)
初版日:
1980年7月1日
収載内容
 
監修のことば 吉田雅夫
 
日本語版によせて ディーターデ・ラ・モッテ
 
記号について
 
序文
 
ラッソ・パレストリーナ・レヒナー・カヴァリエーリ(1600)
 
バッハ・ヘンデル・ヴィヴァルディ・テーレマン(1700〜1750)
 
長調における五度近親関係
 
六の和音
 
四六の和音
 
性格的な不協和音
 
非和声音
 
短調
 
増三和音
 
ナポリ六の和音
 
九度の掛留と減七の和音
 
平行和音
 
長調における平行和音
 
短調における平行和音
 
長調と短調における五度下行のゼクヴェンツ
 
カデンツ空間の拡大
 
短調におけるD・S・(D)
 
副属和音としての減七の和音
 
短和音化された長和音
 
ハイドン・モーツァルト・ベートーヴェン(1770〜1810)
 
カデンツ式の形式形成の役割
 
DS7
 
転調
 
第二主題への転調
 
展開部の転調
 
変化和音
 
ゆっくりした導入部の和声法
 
シューベルト・ベートーヴェン(1800〜1828年)
 
三度の近親関係
 
導音近親関係
 
音符毎につけられた和音の半音階的変化
 
シューマン(1830〜1850)
 
機能から解放されたD7の連続
 
三度下に音が付加される和音
 
属九の和音
 
属九の和音の根音省略形?
 
トニカからの解放
 
オペラ(1600〜1900)
 
太い筆づかい
 
確認的な和声法と行動的な和声法(アリアと場面)
 
イタリアの下行導音
 
さし迫った危険
 
救済
 
クライマックス
 
大形式における調性の配置
 
ヴァーグナー(1857〜1882)
 
トニカ不在の空間におけるカデンツ
 
詩の句読法
 
導音的に連結される、機能性のない四和音
 
トリスタン和音
 
掛留の表出力
 
分析のモデル
 
リスト(1839〜1885)
 
思索する人
 
回想としての調性
 
和声論の終焉
 
無調への二つの道
 
ドビュッシー(1900)
 
スレンドロと全音音階
 
音の織地
 
ミクスチャー
 
和声と楽曲構造の同時的発想
 
シェーンベルクから現代まで(1914〜)
 
無調の和声法(スクリャビン、シェーンベルク)
 
和音・響きと構造(ウェーベルン)
 
和声的勾配(ヒンデミット)
 
主題としての和音(メシアン)
 
特筆すべきいくつかの和音について
 
訳者あとがき 滝井敬子
 
非和声音の名称