• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
痛快!クラシックの新常識(音楽書)の画像

商品名:
痛快!クラシックの新常識(音楽書)
(1898/クラシックを心から楽しむための史上最強のパスポート!)
出版社:
リットーミュージック
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
1,728円(税込)
サイズ:
四六
ページ数:
192
著者名:
許光俊
ISBNコード:
9784845618989
初版日:
2011年1月15日
一口メモ:
クラシックの音楽評論を中心に、現在多方面で執筆中の許光俊氏による、究極の入門書が誕生しました。クラシックを聴き始めようと思っている人や、もう一度聴き直そうとしている人、ぜひぜひクラシックを楽しみましょう!
収載内容
 
■第1章:クラシックの常識・非常識――クラシックを楽しむための基礎知識!
 
クラシックは当時のポップスだった?
 
クラシックとポップスの違いとは?
 
作曲家はなぜ男ばかり?
 
チャイゴ? ショスタコ? ドヴォコン? いったい何?
 
演奏家によって音楽が姿を変えてしまうワケ
 
演奏家の個性を楽しむ
 
不幸でないと大作曲家になれない?
 
現代人が作ってもクラシック?
 
クラシックCDの探し方
 
クラシックを聴くと頭がよくなる?
 
スコアを見ながら楽しむ
 
楽譜に仕込まれた暗号がある?
 
ブラヴォーはクラシックの儀式?
 
クラシックではPAを使わない?
 
■第2章:大作曲家の素顔――超有名曲の裏に隠された真実を知る!
 
ベートーヴェンの『月光』ソナタは美少女に捧げられたのだが……
 
曲名は人まかせ? のショパン
 
命と引き替えの名曲〜シューベルト最後のソナタ
 
大人が夢見た『子供の情景』
 
女殺しの音楽とは?
 
お医者さまには頭が上がりません〜『ピアノ協奏曲第二番』
 
内気な男が書いたピアノ曲〜『三つの間奏曲』
 
アルカンの練習曲『鉄道』
 
ムソルグスキーの『展覧会の絵』
 
孤独なチャイコフスキーの『悲愴』
 
「音楽の父」バッハの『トッカータとフーガ ニ短調』
 
ストーカー、ベルリオーズの『幻想交響曲』
 
お下劣・モーツァルトの『おやすみなさい』
 
神だけを信じたブルックナーの『交響曲第八番』
 
駆け抜ける青春〜『ラプソディ・イン・ブルー』
 
静かな悲しみ〜『亡き王女のためのパヴァーヌ』
 
逃げ道がない世界のための音楽
 
遅咲きの苦労人
 
やりたい放題のワガママ人生
 
苦悩する愛〜『交響曲第六番』
 
シュトラウスは露出狂でナルシスト!?
 
変転する作曲家、ストラヴィンスキー
 
浮世離れの四重奏曲〜『時の終わりのための四重奏曲』
 
誰でも弾けるピアノ名曲? 〜『四分三十三秒』
 
祖国への交響詩〜『モルダウ』
 
フクザツな女心を音楽で描写したプッチーニ
 
水彩画のようなピアノ〜『無言歌集』
 
ハイドンはステキな老後のために取っておけ
 
未完のオペラが豪華に〜『ダッタン人の踊り』
 
流麗なメロディはヴェネツィアの孤児のため
 
伝説のゴマスリ音楽? 〜『水上の音楽』
 
人間の感情を歌った初期バロックの天才
 
名手のごひいきスカルラッティのソナタ
 
紳士淑女に顔をしかめさせた『中国の不思議な役人』
 
実は教訓の宝庫『ペール・ギュント』
 
ふわふわトロトロ、ドビュッシーの印象主義音楽
 
■第3章:クラシック名盤ベスト25――これを聴けばあなたもクラシック通!
 
バッハ『マタイ受難曲』
 
バッハ『トッカータとフーガ』
 
モーツァルト『フィガロの結婚』
 
モーツァルト『フルートとハープのための協奏曲』
 
ベートーヴェン『交響曲第五番「運命」』
 
ベートーヴェン『交響曲第六番「田園」』
 
ウェーバー『魔弾の射手』
 
シューベルト『冬の旅』
 
ショパン『ノクターン集(夜想曲全集)』
 
ワーグナー『ジークフリート牧歌』
 
ブラームス『クラリネット五重奏曲』
 
ドヴォルザーク『交響曲第九番「新世界から」』
 
ブルックナー『交響曲第八番』
 
フォーレ『レクイエム』
 
フランク『ヴァイオリン・ソナタ』
 
チャイコフスキー『ピアノ協奏曲第一番』
 
マーラー『交響曲第二番「復活」』
 
シェーンベルク『浄夜』
 
プッチーニ『ラ・ボエーム』
 
シベリウス『ヴァイオリン協奏曲』
 
ストラヴィンスキー『春の祭典』
 
プロコフィエフ『ロメオとジュリエット』
 
ロドリーゴ『アランフェス協奏曲』
 
オルフ『カルミナ・ブラーナ』
 
レスピーギ『ローマの松』
 
■付録
 
シチュエーション別クラシック名曲案内