• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
子どもが活動する 新しい鑑賞授業(音楽書)の画像

商品名:
子どもが活動する 新しい鑑賞授業(音楽書)
(321450/音楽を聴いて図形で表現してみよう/音楽指導ブック)
出版社:
音楽之友社
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
2,592円(税込)
サイズ:
B5
ページ数:
104
著者名:
小島律子
ISBNコード:
9784276321458
初版日:
2011年2月28日
再発行日:
2012/7/31 第2刷発行
一口メモ:
音楽から聴き取った事・感じた事を色紙を使って図形で表し、それらを用いた楽譜を作り、なぜそのようなイメージになったのかを考え話し合ったりする事で、音楽に対する理解を深める活動を取り入れた鑑賞授業の考え方と実践を紹介、提案する。
収載内容
 
第1章 「図形楽譜づくり」の考え方
 
 1.学校での鑑賞教育
 
 2.音楽を聴いて図形で表す活動「図形楽譜づくり」とは何か
 
 3.「図形楽譜づくり」が「構成活動」になるために
 
 4.「図形楽譜づくり」によって新たにみえてきたもの
 
 5.「図形楽譜づくり」による授業構成の原型
 
第2章 「図形楽譜づくり」による鑑賞授業の実践事例
 
 1.小学校低学年 『シンコペーテッド・クロック』―反復と変化
 
 2.小学校中学年 『きらきらぼし変奏曲』―変奏曲形式
 
 3.小学校高学年 『動物の謝肉祭』より「水族館」―旋律とテクスチュア
 
 4.中学校第1学年 『展覧会の絵』より「プロムナード」―楽器の音色
 
 5.中学校第1学年 『アルルの女』より「ファランドール」―主題の反復と変化
 
 6.中学校第2、3学年 雅楽『越天楽』―旋律とその他の音とのかかわり