• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
バロックとその前後の鍵盤音楽の運指法(音楽書)の画像

商品名:
バロックとその前後の鍵盤音楽の運指法(音楽書)
(140310/便利で合理的な弾き方を演奏実践に生かす)
出版社:
音楽之友社
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
6,480円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
332
著者名:
橋本英二
ISBNコード:
9784276140318
初版日:
2011年11月30日
一口メモ:
バロック音楽を演奏する鍵盤楽器奏者のために、運指法の概要から個々の事例まで網羅した必携の一冊。膨大な資料から要点をまとめ、実際の楽曲を含む譜例を多数掲載して、現代の奏者が演奏に生かせるよう目配りが行き届いている。
収載内容
 
第I部 文献の検討
 
 第1章 バロックの運指法を学ぶ際役に立つ知識
 
  第1節 バロック時代の運指法の意義と特徴
 
  第2節 指使いによる表現の相違
 
  第3節 指をさす数字
 
  第4節 バロック時代の鍵盤楽器の説明
 
  第5節 初期にはなぜ黒鍵の多い調を使用しなかったか
 
 第2章 16世紀から17世紀前半にかけて
 
  第1節 ドイツ
 
  第2節 スペイン
 
  第3節 イタリア
 
  第4節 イギリス
 
  第5節 本章で述べた運指法の比較
 
 第3章 17世紀後半から18世紀前半にかけて
 
  第1節 フランス
 
  第2節 ドイツ
 
  第3節 イタリア
 
  第4節 イギリス
 
 第4章 18世紀の後半
 
  第1節 ドイツ
 
  第2節 イタリア/イギリス
 
  第3節 フランス
 
第II部 バロック運指法の考察と応用
 
 第5章 パッセージ奏法
 
 第6章 各指の適切な使用法
 
 第7章 手の位置
 
 第8章 アーティキュレーションと指使い
 
 第9章 片手で並進行を弾く指使い
 
 第10章 装飾音の指使い
 
 第11章 手の交差
 
 第12章 指の置き換えと打ち返し
 
 第13章 反復進行での指使い
 
 第14章 バロック音楽の暗譜演奏の練習について
 
 第15章 運指法の実例