• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
実践 アレクサンダー・テクニーク(音楽書)の画像

商品名:
実践 アレクサンダー・テクニーク(音楽書)
(自分を生かす技術)
出版社:
春秋社
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
2,376円(税込)
サイズ:
四六
ページ数:
282
編著者:
訳:風間芳之
著者名:
ペドロ・デ・アルカンタラ
ISBNコード:
9784393713792
初版日:
2011年6月30日
一口メモ:
自己認識、問題解決、意志決定、感情の処理、対人コミュニケーション……アレクサンダー・テクニークは、日常生活からビジネスの場まで、いったん身につけてしまえば、あらゆる場面で活用できる究極のライフスキル(生き方の技術)です。
収載内容
 
1 アレクサンダー・テクニークの原理
 
問題を正確にとらえよう
 
「自己」=身体と心の統合体
 
理学療法・人間工学とテクニークの違い
 
誤用の原因=エンドゲイニングはなぜ起こる?
 
プライマリー・コントロール
 
感覚認識と習慣
 
【ポイント】テクニークの原理
 
コラム1――テクニークと他のメソッドとの違い
 
2 自己の使い方
 
「良い姿勢」とはなんだろう?
 
「可動性」と「抵抗力」
 
「使い方」と「姿勢」
 
知性とは
 
緊張と弛緩
 
【ポイント】自己の上手な使い方
 
3 抑制と方向づけ
 
刺激への反応
 
テクニークのレッスンの目的
 
エンドゲイニングと誤用
 
ミーンズウェアバイ――手段に注意を向ける
 
【ポイント】抑制と方向づけ
 
コラム2――方向づけと言葉
 
4 テクニークのレッスン
 
レッスンのエッセンス
 
刺激に対する習慣的な反応をやめる
 
ノーマルからナチュラルへ
 
反応は自分で選択できる
 
教師がレッスンで手を触れることについて
 
「気持ちがいい」と「正しいことをする」はイコールか?
 
「にわか教師」の弊害
 
レッスンで課題としておこなう活動
 
建設的な休息
 
5 感情
 
体験記1――アレクシス
 
身体、心、感情
 
理性的? 非理性的?
 
反応、選択、自由
 
抑制と感情表現
 
デタッチメント――自動的・習慣的な反応を抑制すること
 
ノンドゥーイング――何かを「しない」こと
 
間違いだらけの自分を笑う
 
「変化」は居心地の悪いものである
 
テクニークによる人間関係の変化
 
テクニークと心理療法
 
体験記2――リズ
 
6 健康と幸福
 
体験記3――エドワード
 
痛みは偉大な教師である
 
車と運転手
 
相互に助けあう身体のしくみ
 
するべきか、しないべきか
 
消化機能への影響
 
ライフスタイルを変える〈抑制〉
 
テクニークは減量にも効果的
 
レッスンで姿勢が良くなる?
 
妊娠・出産とテクニーク
 
失読症(ディスレクシア)
 
テクニークは科学的か?
 
体験記4――アリソン
 
7 スポーツとエクササイズ
 
効果的な運動は知性を使う
 
優先するのは「フォーム」である
 
感覚認識、習慣、使い方
 
もう一度、緊張と弛緩について
 
テクニークとランニング
 
知性のモデル
 
8 舞台芸術
 
二人のヴァイオリニスト
 
音楽を解釈すること、伝達すること
 
音楽にテクニークを応用する
 
音楽界でのテクニーク
 
映画・演劇界でのテクニーク
 
役者と役
 
9 テクニークの先生
 
テクニークの教師を養成する
 
良い先生を見つけるには?
 
テクニークを独学するとき心にとめておきたいこと
 
テクニークの普及について、ひとこと