• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
浅倉大介の作曲・アレンジ教室(CD付)(音楽書)の画像

品切れ
商品名:
浅倉大介の作曲・アレンジ教室(CD付)(音楽書)
(2001)
出版社:
リットーミュージック
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
2,376円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
244
著者名:
浅倉大介
ISBNコード:
9784845620012
初版日:
2011年10月21日
一口メモ:
2010年12月より全4回で行った浅倉大介氏の公開型セミナーを1冊にまとめました!本書では、セミナー内で実際に演奏した譜面を掲載、打ち込んだトラックをCDに収録しているので、参加した人もしていない人もあの臨場感を味わうことができます。
収載内容
 
≪第1章 作曲編〜メロディ作りの方法≫
 
■Part1 コードからの曲作り
 
◎理論や感覚だけでは良い作品はできない
 
◎音とコミュニケーションをとる
 
◎トニックは曲の目的地
 
◎コードは聴いて弾いて覚える
 
◎コード進行の中からメロディを導く
 
◎バッキングからメロディを導く
 
◎コード2つだけで曲作り
 
◎分数コードで曲を印象付ける
 
◎シンプル・メロディを複雑なコードで演出
 
◎メロディの終わらせ方
 
◎転調をうまく使って展開を持たせる
 
◎DAWの譜面を活用する
 
■Part2 メロディからの曲作り
 
◎メロディ作りは音との会話から
 
◎メロディを形で確認する
 
◎キャッチーなメロディとは
 
◎歌い出しの音程で言葉のニュアンスを演出
 
■Part3 音色からの曲作り
 
◎音色から導き出されるフレーズを土台に
 
◎フレーズは録音しておこう
 
◎逆転の発想で個性を出そう
 
≪第2章 アレンジ編I〜打ち込み前の基礎知識≫
 
■Part1 アレンジや構成を作る前にしておくこと
 
◎アレンジは最初の勢いを大切に
 
◎アレンジのピントを合わせよう
 
◎アレンジの前にイメージすること
 
◎ボーカルの入るスペースを残してアレンジする
 
◎楽曲をどのような扱いにするか考える
 
◎ライブを意識したアレンジ
 
◎タイアップに沿ったアレンジをする
 
■Part2 曲の展開を考えてアレンジする
 
◎たった4小節で曲を構成する
 
◎2つの展開で曲を構成する
 
◎構成とアレンジの進め方
 
■Part3 シンセ基礎知識
 
◎説明書は必ず読もう
 
◎シンセで覚えるキーワードは4つ
 
◎シンセの音源方式のいろいろ
 
◎実装方式によるサウンドの違いとは
 
◎デジタルとソフトの使い分け
 
≪第3章 アレンジ編II〜ベーシックの打ち込み≫
 
■Part1 リズム・セクションの打ち込み
 
◎どんなドラム・パートにしたいのか明確に
 
◎グルーブを出すためのコツとは
 
◎トランスのリズム・セクション〜キック
 
◎トランスのリズム・セクション〜ハイハット
 
◎トランスのリズム・セクション〜スネア
 
◎個性を出す味付け
 
◎キックの下準備
 
◎キック以外のリズムの下準備
 
■Part2 ベースの打ち込み
 
◎楽器自体の振る舞いを知っておく
 
◎ベース・ラインは歌って作る
 
◎ベースの打ち込みと下準備
 
◎ベース・ラインを味付け
 
◎素材をよく見て調理しよう
 
≪第4章 アレンジ編III〜上モノの打ち込み≫
 
■Part1 パッド・サウンドの打ち込み
 
◎パッド・サウンドの使い方
 
◎音色作りはイニシャル・ボイスから
 
◎パッド・サウンドの音作り
 
◎パッドを打ち込む際のポイント
 
■Part2 シーケンス・フレーズの打ち込み
 
◎固定観念にとらわれずに音作りをする
 
◎ディレイを効かせたシーケンス・リフ
 
◎ビット・レートを落として特徴的なサウンドに
 
◎オシレーターを重ねたトランス・サウンド
 
■Part3 エフェクティブなサウンドの打ち込み
 
◎エンベロープを動かしたデジロック系サウンド
 
◎印象的なベルをFMシンセで作成
 
◎オーケストラ楽器はリバーブを意識する
 
◎リバースを使って効果音を作ろう
 
◎状況をイメージして効果音を作る
 
◎上モノ楽器をうまく重ねていく方法
 
≪第5章 ミックス編〜楽曲を完成形にするために≫
 
■Part1 ミックスをする上での心得
 
◎“ミックス”とは?
 
◎自分でミックスをするということ
 
◎方向性と目的を決めてミックスをする
 
◎スピーカーを使ったミックス
 
◎ミックスする上でのポイント
 
◎ミックス作業に入る前の下準備
 
■Part2 ミックスの実践
 
◎ミックス前の最終確認
 
◎ベーシックのミックスの処理
 
◎ベース・パートの音の棲み分け方
 
◎ベーシックな上モノのミックス
 
◎ワンポイントで登場する上モノの処理
 
◎細かい部分にまでこだわるエフェクト
 
◎ボーカルのミックス
 
◎トータル・エフェクトの処理方法
 
◎ボリューム・バランスの取り方
 
◎最終確認で行うこと
 
≪第6章 一問一答集≫
 
◎CD Track List
 
◎最後に
 
◎著者プロフィール