• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
回るアレヴィー(音楽書)の画像

商品名:
回るアレヴィー(音楽書)
(トルコの都市における場とパフォーマンスの人類学)
出版社:
Stylenote
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
2,592円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
220
著者名:
米山知子
ISBNコード:
9784799801017
初版日:
2011年12月7日
一口メモ:
トルコの少数派、アレヴィー。彼らの、くるくるとスカートを広げながら回る宗教儀式。それはいつの間にか有名なパフォーマンスとしてテレビやネットの世界、若者達にも広まっていった…
収載内容
 
序章
 
◆はじめに
 
第1節 本書の目的
 
第2節 先行研究と問題の所在
 
 1.パフォーマンスの人類学
 
  (1)舞踏、身体技法、パフォーマンス
 
  (2)パフォーマンスのある場
 
  (3)「なにも考えられない」という感覚
 
 2.アレヴィー研究・セマー研究
 
第3節 調査の概要
 
 1.調査の概要
 
 2.調査地概況
 
第4節 本書の構成
 
◆第1章 アレヴィーおよびセマーの概要
 
第1節 アレヴィーの概要
 
 1.分布と歴史
 
  (1)分布
 
  (2)歴史
 
 2.信仰内容
 
 3.儀礼ジェムと十二の奉仕
 
 4.現代トルコ共和国におけるアレヴィー
 
第2節 セマーの概要
 
 1.種類・型、セマーの振り
 
 2.歌詞
 
 3.担い手
 
◆第2章 都市イスタンブルにおけるアレヴィーとセマー
 
第1節 都市イスタンブルにおけるアレヴィー
 
 1.トルコにおける都市化と都市イスタンブルにおけるアレヴィー
 
 2.アレヴィー文化協会の設立
 
  (1)K文化協会
 
  (2)K文化協会以外のアレヴィー文化協会
 
 3.都市における音楽状況
 
第2節 都市の協会付属セマー教室とその活動
 
 1.K文化協会におけるセマー教室
 
  (1)K文化協会のセマー
 
  (2)セマー・オダス(セマー部屋)
 
  (3)衣装
 
 2.セマー「教室」の位置づけ
 
◆第3章 都市のアレヴィー文化協会におけるセマー実践
 
第1節「場」の展開
 
 1.儀礼
 
  (1)ハジュベクベタシュ村における儀礼(ジェム)
 
  (2)都市のアレヴィー文化協会における儀礼(ジェム)
 
 2.セマー教室
 
  (1)セマー教室における練習
 
  (2)セマーチュの参加動機と人間関係
 
 3.公演
 
  地方公演の例 (二〇〇四年七月十七日、ヤロワ市にて)
 
  イスタンブルでの公演の例
 
第2節 セマー教室以外の場におけるセマーの展開
 
 1.「商品」としてのセマー
 
 2.結婚式など個人で行う場
 
第3節 小括
 
◆第4章 信仰と舞踊のはざまで ?セマーと実践される場の相互作用?
 
第1節 場同士の関係性
 
 1.儀礼(閉じたサイクル)から様々な場(開いたサイクル)へ
 
 2.場の多様化と「信仰」の認識
 
 3.場同士の関係性
 
第2節 パフォーマンスの「場」を成り立たせるための様々な仕掛け
 
 1.セマーチュの身体と意識
 
 2.アレヴィー規範および観念的世界の再構築のための仕掛け
 
  (1)モノによる仕掛け
 
  (2)仕掛けとしてのパフォーマティヴな行為
 
 3.セマーをめぐる言説
 
  (1)セマーに関する出版物と新聞
 
  (2)セマーに関する語り
 
第3節 境界としてのセマー ?現代トルコ都市におけるリミナリティーとコミュニタス?
 
 1.儀礼ジェムにおける境界の出現
 
 2.儀礼ジェム以外の場における境界の出現
 
第4節 小括
 
◆終章
 
第1節 まとめ
 
第2節 考察と今後の課題
 
 1.セマーの現代都市における役割
 
 2.パフォーマンスと実践の場