• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
堅田優衣/志士のうた(無伴奏混声合唱のための)の画像

商品名:
堅田優衣/志士のうた(無伴奏混声合唱のための)
(1309/中〜上級)
出版社:
カワイ出版
ジャンル名:
混声
定価:
1,404円(税込)
サイズ:
A4
ページ数:
28
ISBNコード:
9784760913091
JANコード:
4962864913093 
初版日:
2012年3月4日
一口メモ:
混乱を極めた幕末において、天下国家のため正しいと信じたこと、すなわち志を、生命をかけて貫いた「志士」、吉田稔麿、望月亀弥太、久坂玄瑞、武市半平太の句をテキストにア・カペラで挑んだ意欲作。エピローグには吉田松陰のことばを用いている。
収載内容
曲 名:
1 (志士のうた) 結びても また結びても黒髪の みだれそめにし 世を如何にせむ
作曲者:
堅田優衣
作詞者:
吉田稔麿
曲 名:
2 (志士のうた)行く秋に よしおくるとも紅の 散りてぞ匂へ 木々の紅葉
作曲者:
堅田優衣
作詞者:
望月亀弥太
曲 名:
3 (志士のうた)かずかずの 宝は宝ならずして 宝すなはち 国の民草
作曲者:
堅田優衣
作詞者:
久坂玄瑞
曲 名:
4 (志士のうた)花咲て 散らは色香も ととむへきを つほみなからの 身そ哀れなる
作曲者:
堅田優衣
作詞者:
武市半平太
曲 名:
5 (志士のうた‐エピローグ)「事に当り為すべきをなす。何ぞ成敗を問はん」
作曲者:
堅田優衣
作詞者:
吉田松陰の言葉より