• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
ファジル・サイ(音楽書)の画像

商品名:
ファジル・サイ(音楽書)
(ピアニスト・作曲家・世界市民)
出版社:
アルテスパブリッシング
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
2,160円(税込)
サイズ:
四六
ページ数:
272
編著者:
畑野小百合(訳)
著者名:
ユルゲン・オッテン
ISBNコード:
9784903951553
初版日:
2012年7月10日
一口メモ:
2012年6月来日記念出版!「たけしの誰でもピカソ」への出演も大きな話題となったトルコが生んだ天才ピアニスト、初めての評伝。
収載内容
 
1 テンペスト・ソナタ──舞台の上のファジル・サ
 
2 国境なき演奏──アンカラでの幼少期
 
3 ドイツ夏物語──デュッセルドルフの学生生活
 
4 シェーネベルクからの眺め──ベルリンでの修業時代
 
5 アメリカン・ドリーム──コンクール制覇とその後
 
6 イスタンブール我が愛──愁える街のさすらい
 
7 七つの丘を越えよ──《イスタンブール交響曲》
 
8 「ファジル・サイは天才です」──ベネディクト・シュタンパとの対話
 
9 分裂が育む知性──伝統と進歩に揺れる国、トルコ
 
10 「いつの日も私の故郷は音楽です」──ファジル・サイとの対話 I
 
11 詩人の恋──文学作品への作曲
 
12 クロイツェル・ソナタ:響きあう魂──ファジル・サイとパトリシア・コパチンスカヤ
 
13 モントルーのモーツァルト──編曲、即興演奏、ジャズ
 
14 西東詩集──二つの世界のさすらい人
 
15 「世界は不完全です。だから芸術があるのです」──ファジル・サイとの対話II
 
16 黒い大地[カラ・トプラク]──芸術家、この孤独な生き物
 
我らの時代の申し子──ファジル・サイに寄せて   文=アフメット・サイ
 
解説   林田直樹
 
訳者あとがき