• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
音楽の窓(音楽書)の画像

商品名:
音楽の窓(音楽書)
(5017)
出版社:
カワイ出版
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
2,160円(税込)
サイズ:
四六
ページ数:
268
著者名:
中村孝義
ISBNコード:
9784760950171
JANコード:
4962864950173 
初版日:
2012年9月1日
一口メモ:
毎日新聞大阪本社版に連載された人気コラム「音楽の窓」をベースに、豊富な図版を取り入れ編集されたエッセイ。単に音楽上の問題だけでなく、国際情勢・社会情勢や民族気質にもシャープに切り込んだ内容は、音楽愛好者に限らず多くの読者を魅了するでしょう。
収載内容
 
■「西洋音楽の中の民族性」
 
西洋音楽は民族的個性のつばぜりあい ヨーロッパの統合と第九
 
音楽は民族的アイデンティティの重要な手段 民族がひしめくヨーロッパ
 
19世紀ロマン主義における民族主義 スメタナ「わが祖国」
 
母国を離れたときに強まる民族的アイデンティティ アメリカのドヴォルザーク・・・他
 
作曲者と同国人の演奏の躍動感 ファリャ、ヒメネス
 
■「音楽と詩 あるいは文芸」
 
音楽と詩のむすびつき “ミュージック”の語源 “ムシケー”
 
音楽と言葉は同源である フォーレ「月の光」
 
音楽は世界の共通語か? 音楽には“訛り”がある
 
言葉そのものの抑揚から生まれる音楽 グレゴリオ聖歌
 
楽器だけを操る人は「悪魔の手先」 器楽は声楽から派生した ・・・他
 
■「室内楽をめぐって」
 
室内楽の「質」について ホールの増加とわが国の室内楽
 
室内楽とは 個性と調和
 
室内楽がヨーロッパ的である理由 多民族による異なる個性と調和の理想
 
演奏への姿勢に見る室内楽の認識 ヨーロッパのデュオと日本のデュオ
 
「クロイツェル・ソナタ」はヴァイオリン・ソナタではない 日本人の誤解 ・・・他