• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
DTMトラック制作術(音楽書)の画像

商品名:
DTMトラック制作術(音楽書)
(良い音の秘密はトラック数にあり)
出版社:
Stylenote
ジャンル名:
DTM教本
定価:
1,728円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
160
編著者:
永野光浩
ISBNコード:
9784799801123
初版日:
2012年9月25日
一口メモ:
トラックを増やすことで音が良くなるわけではないが、良いサウンドを作ろうとすると必然的にトラック数が増えていく、そのワザを丁寧に説明している。 本書内の説明用サンプルオーディオをインターネット上で聴くこともできるようになっている。
収載内容
 
はじめに〜その秘密はトラック数にあり〜
 
◎本書の読み方
 
◎参照オーディオファイルについて
 
第1章 ドラム&パーカッションのトラック構成
 
1)1つのドラムセット音色ですませてはいけない
 
2)楽器別に音色エディットする
 
3)リズムの空きを埋める
 
4)絡み合ったリズムはパンで回避
 
5)アレンジの方向性を考慮したパン設定
 
6)クラッシュシンバルは最低でも2種類以上使う
 
7)タムは同じ音源から使う
 
第2章 ベースのトラック構成
 
1)音色作りとしてトラックを重ねる
 
2)サブベースを重ねる
 
3)“低音感”について
 
4)低音感を考慮した音色選択
 
第3章 バッキングのトラック構成
 
1)キーボード系のバッキング
 
2)ギター系のバッキング
 
3)そのほかのバッキング
 
4)バッキングはいつ完成するのか
 
5)2つのコツ
 
第4章 メロディのトラック構成
 
1)メロディトラックでは情報量がカギ
 
2)音色をミックスするということ
 
3)ハモリの利用
 
第5章 装飾のトラック構成
 
1)装飾パターン〜その1〜
 
2)装飾パターン〜その2〜
 
3)装飾パターン〜その3〜
 
4)装飾パターン〜その4〜
 
5)装飾にあたっての注意
 
第6章 楽譜詳説
 
第7章 2mixファイルの作成
 
1)シングルオーディオトラック録音かマルチオーディオトラック録音か
 
2)コンプレッサー/リミッター
 
3)シングルオーディオトラック録音の場合
 
4)マルチオーディオトラック録音の場合
 
5)リミッターをかける
 
6)イコライザーをかける(オプション)
 
7)バウンス
 
ラスト・アドヴァイス