• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
聴くだけ楽典入門〜藤巻メソッド〜(DVD-ROM付)(音楽書)の画像

品切れ
商品名:
聴くだけ楽典入門〜藤巻メソッド〜(DVD-ROM付)(音楽書)
(GTB01088929/(Y))
出版社:
ヤマハミュージックメディア
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
2,160円(税込)
サイズ:
B5
ページ数:
120
著者名:
藤巻浩
ISBNコード:
9784636889291
JANコード:
4947817237327 
初版日:
2012年11月10日
一口メモ:
『コード作曲法』『コード編曲法』に続き、大人気著者による楽典編が登場。これまで好評を博した「藤巻メソッド」をもとに、楽譜の基礎が学べる内容。また付属DVD-ROMには、藤巻氏本人による音声講座も収録。
収載内容
 
■CHAPTER 1 音符や休符、譜表について(楽譜の基本的な仕組みを知ろう)
 
●LESSON 1・・・音符と休符の種類/五線譜と加線
 
音部記号と譜表のいろいろ
 
●LESSON 2・・・音価の異なる音符の比較とリズム・スタイル
 
●LESSON 3・・・小節線と反復記号
 
●LESSON 4・・・付点音符のいろいろ
 
●LESSON 5・・・拍子のいろいろ
 
■CHAPTER 2 臨時記号と調号の違い(♯と♭の役割を理解してみよう)
 
●LESSON 1・・・半音と全音/臨時記号シャープ「♯」とフラット「♭」
 
ダブルシャープとダブルフラット
 
●LESSON 2・・・調号/♯系調号の法則/♭系調号の法則
 
♯、♭の増える位置は?
 
●LESSON 3・・・同じ調号を持つ長調と短調の関係
 
短音階のいろいろ
 
調号の増え方と平行調、属調、下属調の関係
 
■CHAPTER 3 さまざまな調性/調性の判断(調を判別する方法を把握しよう)
 
●LESSON 1・・・すべての調号と長音階
 
●LESSON 2・・・調性の判断
 
●LESSON 3・・・近親調とは?
 
●LESSON 4・・・ハ長調の近親調
 
●LESSON 5・・・さまざまな調性とクラシックのメロディ
 
■CHAPTER 4 音程 和音と旋律の関係(コードを理解し、旋律を生み出してみよう)
 
●LESSON 1・・・音程について
 
●LESSON 2・・・和音(コード)について
 
●LESSON 3・・・三度堆積・7つの旋法〜さまざまな観点からコード・ハーモニーを眺めてみよう〜
 
●LESSON 4・・・フレーズからハーモニーを感じとってみよう
 
●LESSON 5・・・コードから旋律を生み出してみよう
 
■CHAPTER 5 二声体の世界・対位法(「音の進みやすい方向」を把握しよう)
 
●LESSON 1・・・二声体の持つ力〜さまざまな音程を駆使して対旋律を生み出そう〜
 
●LESSON 2・・・平行・斜行・反行の動き
 
●LESSON 3・・・五度下のコードへ進む動きで二声体から四声体コードへ拡張した響きの比較
 
●LESSON 4・・不自然な音程の回避
 
●LESSON 5・・・限定進行音の拡張解釈
 
●LESSON 6・・・限定進行音の持つ力で生み出した二声体(未完成)
 
■CHAPTER 6 二声体の完成と三声体・四声体への拡張(コードの響きを想定して、四声体を生み出そう)
 
●LESSON 1・・・限定進行音の推進力で生み出した二声体
 
●LESSON 2・・・ドミナントの音程[減五度・増四度・短七度・長二度]の解決と発展
 
●LESSON 3・・・三声体への拡張
 
●LESSON 4・・反行の動きと旋律的短音階 上行形・下行形の関係
 
●LESSON 5・・・白鍵上に現れる三度音程を挟む減五度音程たち
 
●LESSON 6・・・四声体への拡張
 
●LESSON 7・・・不自然な連続音程の回避
 
●LESSON 8・・・減五度音程と同じ機能を持つ増四度音程
 
●LESSON 9・・・バスの変化による減五度音程の解決方向の変化
 
■CHAPTER 7 演奏記号のいろいろ(譜面の書き方を把握しよう)
 
●LESSON 1・・・速度に関わる記号
 
●LESSON 2・・・強弱に関わる記号
 
●LESSON 3・・・音の高さに関わる記号
 
●LESSON 4・・・演奏上の表現に関わる記号
 
●LESSON 5・・・さらに表現を拡張させる標語
 
■CHAPTER 8 コードと非和声音について(コードを繋げるためのヒントをつかもう)
 
●LESSON 1・・・コード構成音の音程関係とコードネームの読み方
 
●LESSON 2・・・テンションを含んだコードネームの書き方
 
●LESSON 3・・・ドミナントからトニックへの連結の可能性
 
●LESSON 4・・・準固有和音、オルタード・テンションとツーファイブ
 
●LESSON 5・・・コードのボイシングと転回形
 
●LESSON 6・・・非和声音について
 
*HIROSHI’S TALK 「譜面の書き方」
 
[付録]様々な楽器の音域表