• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
根っこのある音楽(音楽書)の画像

商品名:
根っこのある音楽(音楽書)
(地域に伝わる音楽を手がかりに、音楽の多様性を子どもたちへ)
出版社:
Stylenote
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
2,160円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
128
編著者:
畑山美穂子
ISBNコード:
9784799801109
初版日:
2012年10月17日
一口メモ:
生態学、歴史、哲学、環境教育学の4つの視点から、日本の各地に伝わる音楽を考える。具体例としては、神奈川県葉山町に伝わる伝統音楽を紹介。木古庭の木遣り唄や相州葉山一色木遣保存会による木遣り唄を例に、その歴史や保存されてきた経緯などを解説。
収載内容
 
はじめに
 
第一章 四つの思考の枠組みで日本の各地に伝わる音楽を聴く
 
【生態学的思考からアプローチ】
 
1.樹林帯の分布を手がかりに根っこを探してみる
 
《はじめよう》
 
 日本文化形成論へなされた問題提起から
 
《広げよう》
 
 照葉樹林文化とは
 
 照葉樹林文化と稲作文化
 
 ナラ林文化とは
 
《掘り下げよう》
 
 重層する文化と各地に伝わる音楽の位置
 
【歴史的思考からアプローチ】
 
2.音楽の根っこから歴史をたどってみる
 
《はじめよう》
 
 うたの原始から十九世紀まで
 
《広げよう》
 
 うたと生活
 
《深めよう》
 
 二〇世紀 そしてこれから
 
【哲学的思考からアプローチ】
 
3.〈神話〉で音楽の樹の断面を透かしてみる
 
《はじめよう》
 
 各地に伝わる音楽と〈神話〉
 
《広げよう》
 
 構造主義の立場からみた〈神話〉
 
 〈自然系神話〉と〈社会系神話〉
 
《掘り下げよう》
 
 新しい〈神話〉の誕生まで
 
【環境教育学的思考からアプローチ】
 
4.音楽が生長する!
 
《はじめよう》
 
 現在の音楽環境
 
《広げよう》
 
 未来の場所へ
 
 各地に伝わる音楽をゆるやかな循環の発想でみると・・・
 
《掘り下げよう》
 
 育てていく音楽
 
第二章 葉山に伝わる音楽より
 
1.木遣り唄 キーワード:木遣り唄、伊勢音頭、戦争、木古庭、一色
 
《はじめよう》
 
 木遣り唄とは
 
《広げよう》
 
 伊勢音頭との関係?
 
《掘り下げよう》
 
 戦争と葉山の木遣り唄
 
 木古庭の木遣り唄より〈テコ〉
 
 相州葉山一色木遣保存会による木遣り唄より〈テコ〉
 
 ミニコラム〜森山神社の例大祭〜
 
2.船唄 キーワード:船唄、熊野、真名瀬
 
《はじめよう》
 
 船唄とは
 
《広げよう》
 
 熊野との関係?
 
《掘り下げよう》
 
 今きくことのできる船唄
 
 船唄の歌詞〈松揃〉
 
3.鎌倉節 キーワード:鎌倉節、猿楽、田楽、ややこ、長柄
 
《はじめよう》
 
 鎌倉節とは
 
《広げよう》
 
 猿楽や田楽との関係?
 
《掘り下げよう》
 
 長柄のややこ
 
 〈新玉〉
 
 〈鎌倉〉
 
 〈淡島様のうた〉
 
おわりに
 
参考文献・資料