• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
バッハに非ず(音楽書)の画像

商品名:
バッハに非ず(音楽書)
(叢書ビブリオムジカ/信時潔音楽随想集)
出版社:
アルテスパブリッシング
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
2,592円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
216
編著者:
信時裕子
ISBNコード:
9784903951607
初版日:
2012年12月5日
一口メモ:
数々の名作を残し、東京音楽学校教授として数多くの後進を育てた作曲家・信時潔(1887〜1965)が、戦後、武者小路実篤の呼びかけで参加した同人誌『心』に寄せた音楽随想・座談を集成。
収載内容
 
バッハ小感
 
松江行
 
ベートーヴェンの音楽──その特質と普遍性について
 
ゲーテの音楽観
 
つゆどきの花
 
私の洋楽遍歴とバッハ
 
「無題」(聖書はあまり読まないが……)
 
座談会「音楽一夕話」(信時潔、辰野隆、田中耕太郎、長與善郎、小宮豊隆)
 
農民音楽の近代音楽への影響──ベラ・バルトークの音楽論
 
聴覚を失ったベートーヴェンが何故作曲出来たか
 
雪舟の四季花鳥?風と音楽
 
バッハのコラール前奏曲について
 
新しい単純へのあこがれ
 
『カザルスとの対話』を読んで──彼の音楽観と作家評
 
問われるままに
 
音楽の退屈
 
南方熊楠翁未発表の書簡
 
座談会「音楽美術夜話」(信時潔、上野直昭、辰野隆、田中耕太郎、小宮豊隆)
 
日本音楽界の現状とその将来についての随筆的考察
 
ワグネル雑感
 
音楽思い出話──四十年前のベルリン楽壇
 
歌詞とその曲
 
南方熊楠翁──高野の一と月
 
望ましい音楽
 
座談会「絵と音楽」(熊谷守一、信時潔、田中耕太郎、嘉治隆一)
 
追悼文
 
「信時潔君追悼」(颯田琴次)
 
「残された大きな孔」(嘉治隆一)
 
「恩師信時先生を偲ぶ」(長谷川良夫)
 
解説(信時裕子)
 
編者あとがき(信時裕子)
 
著作・執筆一覧
 
年譜