• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
菊地英昭 表裏一体 LET THE MUSIC DO THE TALKING II(音楽書)の画像

品切れ
商品名:
菊地英昭 表裏一体 LET THE MUSIC DO THE TALKING II(音楽書)
出版社:
シンコー・ミュージック
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
1,944円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
248
ISBNコード:
9784401637850
初版日:
2013年2月19日
一口メモ:
本書は、2001年刊行の『菊地英昭 LET THE MUSIC DO THE TALKING』の続編として編集された単行本第2弾。『ROCK JET』誌2001年冬号から2012年冬号までの連載45回分を対象に収録回を選択し、新規取材(「おわりに」にかえて)を加えて構成されている。
収載内容
 
[2004.8 - 2008.5]
 
ザ・イエロー・モンキーの解散について
 
新しいギターでのツアーと夏の思い出
 
60年製の白いフェンダーストラトキャスター
 
2006年夏の思い出 プレイヤーとしての個性を出し、ライヴを楽しむ日々
 
別れの季節 青春の終わり ありがとう豊島 完
 
今年は自分の曲を作ったり他の現場でもギターを弾いてみたい
 
KIKAWA KOJI LIVE 2007 CLUB JUNGLE TOUR“TARZAN!”からの挨拶
 
最近はどこでも暴れてます(笑) 曲の空気が背中を押してくれる
 
年末に行われた国立代々木第二体育館でのライヴと、久々だった菊地英二との共演について
 
[2008.7 - 2010.5]
 
弾いたことのないようなリフにしたい 個性的でありたい それは確信犯的に、心がけちゃってる 染みついちゃってる
 
ちっぽけなインディーズレーベルだけど、せめて俺に触れた人には「あ、こんな世界もあるのか」ということを感じてほしい
 
隙間無くぱんぱんに詰まって充実していた時間
 
曲の元にある、作った時の情熱が伝わってほしいと思ってアコースティックライヴをやったんだ
 
「それでもいい!」 それが情熱だろうとそこが残したいというギターソロが録れた
 
菊地英昭、brainchild'sとザ・イエロー・モンキーを語る
 
この音を聴いてほしい セミアコースティックギターの魅力について
 
セッションに参加してくれたミュージシャンへ彼らが見ていたであろう自分たち、それは見せてあげようとは思った
 
[2011.2 - 2012.12]
 
曲の世界を変えるような方向性を見出す表現としてアコースティックライヴはこれからもやっていきたい
 
鶴のミニアルバム≪秘密≫とbrainchild'sセカンドアルバム
 
いろいろな矛盾がいっぱいあるからひとつだけでもそれぞれのキラキラした部分を見つけたい
 
初めて歌に取り組んだライヴを収録したDVDの発売とCOP2012を終えて
 
brainchild's TOUR 2012 Electric na tei de WHO“World Human 6 Organization”TOURについて
 
brainchild'sのニューアルバムと東北ツアーについて
 
brainchild'sのサードアルバム≪Major Code≫について語る
 
次の章が始まった気がする 〜「あわりに」にかえて〜
 
あとがき
 
「ROCKJET」連載データ