• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
名曲のたのしみ、吉田秀和/第4巻 室内楽との対話(CD付)(音楽書)の画像

商品名:
名曲のたのしみ、吉田秀和/第4巻 室内楽との対話(CD付)(音楽書)
出版社:
学研パブリッシング
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
3,456円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
352
編著者:
吉田秀和/西川彰一
ISBNコード:
9784058000854
初版日:
2013年10月8日
一口メモ:
音楽評論家、吉田秀和が40年以上にわたり解説をつとめ、多くのクラシック・ファンを育てたNHK-FM「名曲のたのしみ」。ジャンル別に番組をセレクトし書籍化。附属のCDには吉田の語りを抜粋して収録した。第4巻は室内楽編。
収載内容
 
●第1章 モーツァルトとハイドンの室内楽 ―ジャック・ブライマー&アレグリQ、ジュリアードQ、アマデウスQ ほか
 
●第2章 ベートーヴェンの室内楽 ―カザルス&ティボー&コルトー、エマーソンQ、新ウィーン八重奏団 アルバン・ベルクQ ほか
 
●第3章 メンデルスゾーンとシューベルトの室内楽 ―ラサールQ、ボロディン・トリオ、ハーゲンQ ほか
 
●第4章 シューマンとブラームスの室内楽 ―ルービンシュタイン&ガルネリQ、グールド&ジュリアードQ、ニュー・ウィーンO ほか
 
●第5章 フランス近代の室内楽 ―トルトゥリエ&ユボー、ラスキーヌ&ジャン=ピエール・ランパル&パスキエ ほか
 
●第6章 その他の室内楽 ―スメタナQ、ヘフリガー&タカーチQ、タネーエフQ、ダンツィ・クインテット ほか
 
●第7章 室内アンサンブルについて ―アルバン・ベルクQ、東京クヮルテット、アンサンブル・ウィーン-ベルリン ほか
 
●CD収録内容(収録されているのは吉田の解説部分のみで、音楽は含まれません)
 
ハイドンの弦楽四重奏曲(1999年)、
 
ベートーヴェン 大公トリオ(1990年)、
 
ブラームス ピアノ三重奏曲 第1番(2003年)、
 
アルバン・ベルク弦楽四重奏団(1983年) ほか