• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
「アジア人」はいかにしてクラシック音楽家になったのか?(音楽書)の画像

商品名:
「アジア人」はいかにしてクラシック音楽家になったのか?(音楽書)
(人種・ジェンダー・文化資本)
出版社:
アルテスパブリッシング
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
2,700円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
304
著者名:
吉原真里
ISBNコード:
9784903951706
初版日:
2013年10月30日
一口メモ:
西洋クラシック音楽の世界でアジア人が活躍しているのはなぜか?70名におよぶアジア系音楽家の証言をもとに、歴史・文化・民族誌の見地から、クラシック音楽ひいては芸術の本質にせまる!
収載内容
 
はじめに
 
 
1 「アジア人」とクラシック音楽
 
 太平洋を越える西洋音楽
 
 西洋音楽、東アジアに到来
 
 蝶々夫人・日本版
 
 中産階級のためのクラシック音楽、そしてアジアから西洋への「逆輸出」
 
 スズキ・メソードのグローバリゼーション
 
 結び
 
◆音楽家たちの声
 
1 デイヴィッド・キム
 
2 リフェン・アンソニー
 
3 高橋利夫
 
4 竹澤恭子
 
2 「アジア人音楽家」という「人種」
 
 アメリカのアジア人音楽家たちの「ルーツ」と「ルート」
 
 留学生
 
 「音楽移民」
 
 「移住するプロ音楽家」
 
 「越境子女」
 
 「混合」アジア人
 
 音楽と「差異」
 
 音楽と民族/国家アイデンティティ
 
 結び
 
3 クラシック音楽における性力学
 
 ジェンダー規範の逸脱─男性音楽家たち
 
 音楽界の性力学との葛藤─女性音楽家たち
 
 アジア人音楽家のビジュアル・マーケティング
 
 音楽とセクシュアリティ─ゲイの音楽家たち
 
 結び
 
4 階層としての音楽家、文化資本としてのクラシック音楽
 
 階層理論と職業としての音楽
 
 音楽家の出身階層 
 
 クラシックのコスト
 
 クラシック音楽家の経済生活
 
 文化的生産「フィールド」と階層
 
 結び
 
◆音楽家たちの声
 
5 マーガレット・レン・タン
 
6 チョーリャン・リン
 
7 名倉誠人
 
8 ケンジ・バンチ
 
5 自分たちの声を求めて
 
 クラシック音楽の「インサイダー」と「アウトサイダー」
 
 自分自身の声 その一─器楽家の場合
 
 自分自身の声 その二─オペラ歌手の場合
 
 自分自身の声 その三─作曲家の場合
 
 結び
 
おわりに──クラシック音楽という「経験」
 
あとがき
 
参考文献
 
索引