• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
はじめてのピアノコンクール(音楽書)の画像

商品名:
はじめてのピアノコンクール(音楽書)
(GTB01089793/〜先生と保護者のコンクール活用法〜)
出版社:
ヤマハミュージックメディア
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
1,728円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
192
ISBNコード:
9784636897937
JANコード:
4947817242048 
初版日:
2014年2月10日
一口メモ:
この本では、コンクールを受けることのメリットから実際の申し込みから練習、生徒さん本人や周囲とのコミュニケーション、そして日々のレッスンに取り入れる方法までを、わかりやすく解説します。
収載内容
 
■第1章 ようこそ、ピアノコンクールの世界へ!
 
1 日本はコンクール大国
 
2 なぜコンクールが増えているのか
 
3 生徒と先生を成長させるコンクール
 
4 コンクールは「両刃の剣」
 
5 コンクールに参加する際の注意点
 
■第2章 コンクール参加への扉
 
1 どんなコンクールがあるの?
 
2 コンクールはどうやって探す?
 
3 要項を読み比べてみよう
 
4 コンクールをのぞこう
 
5 どのコンクールに参加する?
 
6 複数のコンクールに参加するという手も
 
7 参加のきっかけは指導者の声かけから
 
8 参加の意思を確認する
 
9 さまざまな事情で参加できないという方への説得
 
10 コンクール参加者以外の生徒(保護者)へのフォロー
 
■第3章 コンクールへの準備
 
1 どのようなレッスンをしたらいいの?
 
2 コンクールまでのレッスンの組み立て方
 
3 コンクールまでのスケジュール
 
4 課題曲について
 
5 導入期の生徒へのレッスンポイント
 
6 小学校低学年へのレッスンポイント
 
7 小学校高学年以降のレッスンポイント
 
8 練習時間の確保の仕方
 
9 コンクールに「第2指導者」は必要?
 
10 リハーサルの大切さ
 
11 モチベーションを上げるには
 
■第4章 コンクールを楽しむために
 
1 本番での生徒への対応
 
2 コンクールでの「パフォーマンス」
 
3 もしもコンクールで落選したら?
 
4 コンクール直後のレッスン
 
5 次のコンクールはどうしよう?
 
6 もしもコンクールで入賞したら?
 
7 ああ、入賞後の人生!
 
8 「燃え尽き症候群」になってしまったら?
 
9 生徒がほかの先生へ移ってしまった!
 
10 コンクール参加のせい? 生徒がやめてしまった!
 
■第5章 さらなるコンクール活用法
 
1 2回目以降のピアノコンクール
 
2 資料から読み解くコンクール
 
3 褒賞を忘れないで!
 
4 私のコンクール活用法(インタビュー)
 
■資料編
 
日本の主要コンクール分析表
 
日本のコンクール一覧
 
コンクールの課題曲例