• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
演奏者のためのはじめてのアレクサンダー・テクニーク〜からだを使うのが楽になる〜(音楽書)の画像

商品名:
演奏者のためのはじめてのアレクサンダー・テクニーク〜からだを使うのが楽になる〜(音楽書)
(GTB01090094/(Y))
出版社:
ヤマハミュージックメディア
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
1,944円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
160
ISBNコード:
9784636900941
JANコード:
4947817243762 
初版日:
2014年3月1日
一口メモ:
「そもそもアレクサンダー・テクニークってなに?」「何ができるの?」という疑問から 「自分の知らなかったクセを知りたい」「もっとラクに演奏したい」 という要望にも応える、アレクサンダー・テクニーク初心者のための入門書。
収載内容
 
●第1章 「アレクサンダー・テクニーク」って、どんなもの?
 
●第2章 体のデザインを生かして動く
 
●第3章 楽器を構える動き、演奏するときの動き
 
●第4章 生き生きと音楽にかかわるために
 
[体験した方の声]
 
「首と方の痛みがほとんどなくなりました。」(ヴィオラ奏者)
 
「声を出し続けても喉を痛めることが少なくなってきました。」(教師)
 
「楽に出したい音をイメージして出せるようになってきました。」(トランペット奏者)
 
「本番であがらなくなりました。」(ヴァイオリニスト)
 
「ピアノを弾くことが以前にも増して心地よく、楽しくなりました。」(ピアニスト)
 
「体の使い方を考えながらピアノを弾くと音が変わるので楽しいです。」(ピアニスト)
 
「この先10年、20年と演奏家として成長し続けられる自身が生まれました。」(フルート奏者)
 
「音色やタンギングなど楽器のコントロールにもとてもよい影響が現れてきています。」(サックス/フルート奏者)
 
「腰痛が改善された。」(会社員)
 
「生徒がなかなか弾けなくても、落ち着いて待つことができるようになりました。」(ピアノ指導者)