• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
モーツァルト家のキャリア教育(音楽書)の画像

商品名:
モーツァルト家のキャリア教育(音楽書)
出版社:
アルテスパブリッシング
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
2,376円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
256
著者名:
久保田慶一
ISBNコード:
9784903951812
初版日:
2014年3月31日
一口メモ:
現代のキャリア心理学の視点からモーツァルト父子の往復書簡を分析。 時代の荒波のなか、懸命に自己実現をめざしたふたりの姿から、 音楽家にとっての成功とは何かが見えてくる!
収載内容
 
はじめに
 
I 引き裂かれたキャリア──若き日のレオポルト
 
 第1章 アウクスブルクのモーツァルト家──レオポルトの誕生
 
 第2章 アウクスブルク時代──家族との確執
 
 第3章 ザルツブルク時代──新天地を求めて
 
II したたかな処世術──経験に学ぶレオポルト
 
 第1章 社 会──行動する戦略家
 
 第2章 家 族──矛盾にさいなまれる家父
 
 第3章 旅──自己陶冶をうながす啓蒙主義者
 
 第4章 死──不安におびえる父
 
 第5章 人──慎重な懐疑主義者
 
 第6章 モーツァルト家の世渡り術
 
III 息子の就職問題──挫折するレオポルト
 
 第1章 就職活動の旅へ──ともに戦う父子
 
 第2章 マンハイムでの就職活動──軋轢のはじまり
 
 第3章 パリでの就職活動──悪化する父子関係
 
 第4章 ザルツブルク宮廷の辞職──訣別する父子
 
 第5章 モーツァルト父子の就職活動
 
IV 息子の結婚問題 破綻におびえるレオポルト
 
 第1章 アロイージア・ウェーバーとの恋愛──ほころびはじめる父子関係
 
 第2章 結 婚──父親からの完全独立
 
 第3章 哲人レオポルト
 
V 姉ナンネル レオポルトとヴォルフガングのはざまで
 
 第1章 結婚するまでのナンネル──父と弟の仲介者
 
 第2章 結婚と晩年──父と弟と夫に捧げた人生
 
 第3章 モーツァルト家のキャリア教育
 
おわりに
 
付録1 L.モーツァルト『ヴァイオリン奏法』──序文(1756)
 
付録2 L.モーツァルト『ホーエンザルツブルク城の小史の試み』(1759)
 
L.モーツァルト 関連年表
 
参考文献