• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
mazurek[マズルカ] Vol.02(音楽書)の画像

商品名:
mazurek[マズルカ] Vol.02(音楽書)
(●総特集:笹久保伸と「秩父前衛派」の世界/●新連載「レントゲン藝術研究所」という時代)
出版社:
シンコー・ミュージック
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
1,080円(税込)
サイズ:
B5変
ページ数:
56
ISBNコード:
9784401751259
初版日:
2014年9月23日
一口メモ:
東京・渋谷のライヴスペース“Last Waltz"(ラストワルツ) での活躍でつとに知られるアーティストやミュージシャン、さらには、その舞台での活躍が期待される表現者全般にスポットをあてる〈音楽&カルチャー・ブックレット〉、[mazurek(マズルカ)]の第2号。
収載内容
 
総特集::笹久保伸と「秩父前衛派」の世界
 
1●「秩父前衛派」の始まり
 
2●なぜ「秩父」なのか? 「秩父」とはどういう場所なのか?
 
3●「秩父前衛派」の作品――詩、小説、音楽、図形楽譜、8ミリ映画
 
4●「秩父前衛派」:まとめ
 
短編小説
 
誰もいない夜の電車で静かに牛乳が
 
第1部:笹久保伸の音楽活動
 
――「越境する民衆音楽を追いかける」
 
異能のギタリスト・笹久保伸の歩み
 
笹久保伸・ディスコグラフィー
 
第2部:「秩父前衛派」への道程
 
――笹久保伸、青木大輔インタビュー
 
糸を引く、石を打つ
 
――秩父前衛派をめぐって
 
新連載「レントゲン藝術研究所」という時代(第1回)
 
──マンですか? それともセブンですか?