• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
踊る昭和歌謡(音楽書)の画像

商品名:
踊る昭和歌謡(音楽書)
(リズムからみる大衆音楽/NHK出版新書 454)
出版社:
NHK出版
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
886円(税込)
ページ数:
272
著者名:
輪島裕介
ISBNコード:
9784140884546
初版日:
2015年2月10日
一口メモ:
戦前戦後のジャズに始まり、昭和30年代のマンボにドドンパ、はてはピンク・レディーからユーロビートまで。ロックやフォークとも、演歌やニューミュージックとも違う、「踊る」大衆音楽の系譜を鮮やかに描いた問題作。
収載内容
 
第1章 ダンスホールとジャズの戦前戦後―占領期一九五二年まで
 
第2章 ニッポン「ラテン音楽」事始め―一九五五年という画期
 
第3章 マンボ・ブームとニューリズム時代の幕開け―一九五五〜一九五七年
 
第4章 「国産」ニューリズム・ドドンパ顛末記―一九六〇〜一九六一年
 
第5章 ツイスト上陸!「ダンス狂時代」―一九六二年
 
第6章 ニューリズムの迷走・ボサノヴァ、タムレ、スカ―一九六三〜六〇年代後半
 
第7章 お茶の間はダンステリア―ディスコとアイドル歌謡の一九七〇〜八〇年代
 
第8章 ユーロビートは「帰ってきたドドンパ」か―一九八〇年代後半以降