• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
必ず役立つ合唱の本/日本語作品編(音楽書)の画像

商品名:
必ず役立つ合唱の本/日本語作品編(音楽書)
(GTB01090727/(Y))
出版社:
ヤマハミュージックメディア
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
1,944円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
128
編著者:
監修:古橋富士雄
ISBNコード:
9784636907278
JANコード:
4947817247432 
初版日:
2015年6月10日
一口メモ:
合唱団が必ず取り組むであろう日本語曲。しかし“日本語”の魅力を最大限引き出すにはコツがある。曲や作曲家の選び方や曲の解釈、日常会話とは違う歌い方のポイントなどを紹介。日本人作曲家や詩人についての知識も盛りだくさん。
収載内容
 
■■序章マンガ:日本の合唱を歌おう
 
■■第1章座談会:日本語を美しく表現する方法
 
美しい日本語と美しい歌は別物
 
日本語の美しさをそのままの形で届けてほしい
 
日本語が美しく聞こえる歌い方
 
日本語の子音の重要性
 
曲について考えるきっかけを与える
 
名演奏こそが名曲を作る
 
■■第2章日本語作品を歌う魅力と難しさ
 
日本語作品を歌う意味
 
日本語で合唱曲を歌う魅力
 
日本人作曲家の魅力
 
日本語の語学感覚の重要性
 
日本語作品を歌う難しさ
 
日本語の音楽表現の重要性
 
詩を理解するということ
 
日本語を美しく歌うということ
 
美しい歌い方を習得する3つのポイント
 
1.呼吸と発声を意識する
 
2.豊かな音のうねりを作る
 
3.声の遠近を変える
 
おすすめの日本語作品と選曲方法
 
おすすめの作曲家と作品
 
演奏力を向上させる選曲の方法
 
■■第3章日本語が美しく聞こえる歌い方
 
日本語と外国語の違いを理解する
 
日本と西洋の声の響きの違い
 
日本風の歌い方をマスターする
 
日本語と外国語の違い
 
日本語の音を理解する
 
日本語の語頭の発音
 
日本語の語尾の発音
 
弱起の発音法
 
歌う時のアクセントの工夫
 
母音を美しく発音するテクニック
 
子音を美しく発音するテクニック
 
美しい日本語の伝え方
 
日本語の特性を理解する
 
品詞に分けて表現を工夫する
 
ひらがなの特殊性
 
西洋と日本を折衷する
 
■■第4章実践で学ぶ日本語作品の歌い方
 
♪麦藁帽子
 
♪春に
 
♪ぜんぶ
 
♪けれども大地は
 
■■第5章日本人作曲家を知ろう〜瀧廉太郎から三善晃まで〜
 
日本の合唱作品の歩み
 
合唱黎明期の作曲家
 
合唱作品の基盤を作った作曲家
 
さまざまな合唱作品が生まれた時代
 
■■付録古橋富士雄先生に聞く児童合唱の指揮
 
合唱曲の作曲家と代表作品一覧
 
NHK全国学校音楽コンクール課題曲一覧