• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
こんな僕でも指揮者になれた(音楽書)の画像

商品名:
こんな僕でも指揮者になれた(音楽書)
(GTB01091689/1冊でわかるポケット教養シリーズ/(Y))
出版社:
ヤマハミュージックメディア
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
1,026円(税込)
サイズ:
A6
ページ数:
256
著者名:
堀俊輔
ISBNコード:
9784636916898
JANコード:
4947817252108 
初版日:
2015年8月1日
一口メモ:
秋山和慶さん(指揮者協会会長)推薦!紆余曲折の後、40歳で東響を振ってデビューしたホリヤンこと堀俊輔(現・中部フィル正指揮者)の抱腹絶倒の奮戦記。
収載内容
 
■第1章 ホリヤンができるまで
 
東京交響楽団と大久保界隈
 
僕の「ピアノを始めた頃」1
 
僕の「ピアノを始めた頃」2
 
僕の「ピアノを始めた頃」おまけ
 
もぐり組合の思い出
 
一度振りたかった『題名のない音楽会』
 
齋藤秀雄が遺したもの
 
奏楽堂に勇者(ホリヤン)は還る
 
切手 
 
コラム(1) ホリヤンの語学勉強法「NHKラジオ講座」 
 
■第2章 ホリヤンのお仕事 
 
挨拶は東響の優れた伝統
 
「大阪弁まる出しのコンサート、お願いします」
 
不遇の名曲《軍艦マーチ》を振りたい
 
音教で出会った子供達の涙
 
名フィル「金山エキコン」の醍醐味
 
ホリヤンのロシア・デビュー〜壮絶な三日間
 
大震災の朝のコンサート
 
オラトリオ東京の旗揚げはチラシ作りから
 
花束はいりません 
 
コラム(2) 焼津市文化センターの心意気
 
■第3章 私服のホリヤン
 
中年指揮者のニューヨーク留学記
 
風邪の贈り物〜ニューヨーク留学こぼれ話1
 
命の次に大切な物〜ニューヨーク留学こぼれ話2
 
立見席の快感〜ホリヤンのウィーン日記1
 
ウィーン・フィルの秘密〜ホリヤンのウィーン日記2
 
マエストロのスコア
 
推薦書の威力
 
寒波の日のデート〜池田敏美さんと 
 
ホームステイのおかげで大成功〜ドクター木村夫妻 
 
コラム(3) 山本直純さんのこと 
 
■第4章 プロコフィエフ国際コンクール 
 
コンクールへの招聘
 
着のみ着のままで/プロコフィエフ国際コンクールとは/第一次審査/
 
採点方法/審査員/第二次審査/ホテル事情/本選会/最終審査委員会
 
コラム(4) 音楽家の物書き 
 
エピローグ〜フリー指揮者この厳しくも気楽な稼業 
 
あとがき 
 
文庫版あとがき