• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
イスラムと音楽(音楽書)の画像

商品名:
イスラムと音楽(音楽書)
(イスラムは音楽を忌避しているのか)
出版社:
Stylenote
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
2,700円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
152
著者名:
新井裕子
ISBNコード:
9784799801437
初版日:
2015年9月14日
一口メモ:
イスラムでは音楽が忌避されているというのは本当なのだろうか。よく言われる言説だが、なぜそう言われるのか、そして実際にどういう歴史をたどっているのかを本書は詳しく解説している。
収載内容
 
はじめに
 
第1章 古代ギリシアから
 
 1.キリスト教と音楽
 
  グレゴリオ聖歌
 
  四線四角形ネウマ
 
  近代記譜法へ
 
 2.西洋音楽とイスラム世界
 
  ウードとリュート
 
  トルコ風
 
  オスマン朝を訪れた作曲家達
 
 3.イスラム世界と古代ギリシア
 
  十2世紀ルネサンス
 
  イスラム世界の翻訳事業
 
  「ムーシケー」から「ムースィーキー」へ
 
第2章 哲学者達の音楽理論
 
 1.キンディー
 
  アラブの哲学者
 
  「旋律の作曲法についての論」
 
  ウード
 
  楽音
 
  リズム論
 
  タアシール論
 
 2.ファーラービー
 
  第2の師
 
  『音楽大全』
 
  リズム論
 
  キンディー批判
 
 3.イブン・スィーナー
 
  アヴィケンナ
 
  音楽の定義
 
  リズム論
 
第3章 スーフィーの修行における「音楽」
 
 1.スーフィーとサマーウ
 
  スーフィズム
 
  スーフィーの登場
 
  スーフィーの修行法 ズィクル
 
  サマーウ
 
  メヴレヴィー教団
 
  サマーウに対する評価
 
 2.サマーウに対する学者の意見
 
  ガザーリー
 
  ガザーリーにとってのズィクルとサマーウ
 
  推奨される「歌」
 
  イブン・タイミーヤ
 
  イブン・タイミーヤとサマーウ
 
  イブン・ハルドゥーン
 
  メロディーと楽器
 
  歌の技術と楽器の種類
 
  コーランの読誦
 
  歌(ギナー)の起源と歴史
 
第4章 コーランとハディースの中の音楽
 
 1.コーラン
 
  コーランと音楽
 
  コーランの中の詩人
 
  詩人の実態
 
  コーランに登場するラッパ
 
 2.ハディース
 
  ハディースとは
 
  祭りの日(第1の場面)
 
  悪魔の歌?
 
  祭りの日(第2の場面)
 
  結婚の日
 
  駱駝追い
 
  ラッパ
 
  酒と歌姫(カイナ)
 
  イブラーヒームと泣き女・歌い手
 
  ミズハルという楽器
 
  トゥンブールという楽器
 
  マアーズィフという言葉
 
  音楽に対する忌避は誰が?
 
第5章 コーランの読誦とアザーン
 
 1.コーランの読誦
 
  コーランの特殊性
 
  コーラン読誦法
 
  ハディースの中のコーラン読誦
 
  ハディースの中のコーラン読誦者および読誦法
 
  ハディースの中の詩の吟唱
 
  アザーン
 
第6章 君主と音楽
 
 1.前近代の君主と音楽
 
  正統カリフ時代(六32?六六1)
 
  ウマイヤ朝(六六1?七五〇)
 
  アッバース朝(七五〇?12五八)
 
  オスマン朝(12九九?1九22)の記譜者達
 
  音楽家スルタン達
 
  音楽を敵視した人々
 
 2.近代の統治者と音楽
 
  音楽における西洋化
 
  第1回アラブ音楽会議
 
  音楽教育
 
  国歌
 
おわりに
 
引用文献
 
あとがき