• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
「ヒロシマ」が鳴り響くとき(音楽書)の画像

商品名:
「ヒロシマ」が鳴り響くとき(音楽書)
出版社:
春秋社
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
2,376円(税込)
サイズ:
四六
ページ数:
240
著者名:
能登原由美
ISBNコード:
9784393935927
初版日:
2015年11月30日
一口メモ:
音楽において「ヒロシマ」はどのように表現され受容されてきたのか。音楽を通して70年間に見られたヒロシマのイメージの変容を探究。
収載内容
 
  I―― 「ヒロシマ」はどのように音に表されてきたか
 
第一章 希望と絶望のベクトル
 
第二章 「ヒロシマ」という物語の表現
 
第三章 当事者と非当事者の間
 
  II―― 「ヒロシマ」はどのように演奏されてきたか
 
第四章 東西冷戦と平和運動のなかで
 
第五章 占領からの解放と第五福竜丸事件以後
 
第六章 世界の反戦・反核運動とともに
 
  III―― 「ヒロシマ」はどのように聴かれてきたか
 
第七章 「ヒロシマ」というイメージを聴く
 
第八章 「ヒロシマ」に時代を読む音楽
 
第九章 新たな世代における「ヒロシマ」
 
終章 七〇年目に振り返る「ヒロシマ」と音楽