• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
世界と日本の愛唱歌・抒情歌事典の画像

商品名:
世界と日本の愛唱歌・抒情歌事典
(GTB01091852/(Y))
出版社:
ヤマハミュージックメディア
ジャンル名:
辞典・年鑑
定価:
5,940円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
600
著者名:
著者:長田暁二
ISBNコード:
9784636918526
JANコード:
4947817253105 
初版日:
2015年12月10日
一口メモ:
ずっと歌い継がれてきた愛唱歌・抒情歌を、歌詞と1000字ほどのエピソードでたどる1冊。日頃よく耳にし親しまれてきた名曲についてのふしぎを、日本の歌の歴史的研究で権威的存在の長田暁二が解説。
収載内容
 
アイルランドの子守歌
 
アニー・ローリー
 
思い出(久しき昔)
 
グリーンスリーヴス
 
故郷の空(夕空晴れて)
 
灯台守
 
なつかしき愛の歌(やさしき愛の歌)
 
庭の千草(菊)
 
螢の光
 
ロッホ・ローモンド
 
ロンドンデリーの歌(ダニー・ボーイ)
 
ロンドン橋
 
歌の翼に
 
オンブラ・マイ・フ(ヘンデルのラルゴ)
 
小ぎつね
 
モーツァルトの子守歌
 
シューベルトの子守歌
 
ブラームスの子守歌
 
蝶々
 
霞か雲か
 
小鳥の結婚式
 
ぶんぶんぶん
 
夜汽車
 
眠りの精
 
野ばら
 
故郷を離るる歌
 
菩提樹
 
樅の木
 
山の音楽家
 
よろこびの歌
 
ローレライ
 
わかれ(ムシデン)
 
愛の讃歌
 
アヴィニヨンの橋の上で
 
すみれの花咲く頃
 
エンメンタール美わし
 
オ! ブレネリ
 
ホルディリディア
 
美しく青きドナウ
 
きよしこの夜
 
恋はやさし野辺の花よ
 
ヨハン大公のヨーデル(ふるさとのヨーデル)
 
暗い日曜日
 
おお牧場はみどり
 
気のいいあひる
 
ドナ・ドナ
 
森へ行きましょう(シュワ・ジヴェチカ)
 
シューメーカーズ・ダンス(糸まきまき)
 
ソルヴェーグの歌
 
紅いサラファン
 
一週間
 
ヴォルガの舟歌
 
カチューシャ
 
カリンカ
 
行商人
 
黒い目
 
コザックの子守歌
 
仕事の歌
 
ステンカ・ラージン
 
スリコ
 
小さいグミの木
 
ともしび
 
トロイカ
 
ねこふんじゃった
 
のみの歌
 
バイカル湖のほとり
 
山のロザリア
 
海に来たれ
 
オー・ソレ・ミオ(私の太陽)
 
帰れ、ソレントへ
 
カタリ・カタリ
 
黒ネコのタンゴ
 
さらばナポリ
 
サンタ・ルチア
 
しゃれこうべと大砲
 
フニクリ・フニクラ
 
忘れな草
 
愛のロマンス(禁じられた遊び)
 
ラ・パロマ
 
ああ、ベツレヘムよ
 
あら野のはてに
 
王の行進
 
神の御子は今宵しも
 
ハレルヤ・コーラス
 
ひいらぎ飾ろう
 
マリアの子守唄
 
諸人こぞりて
 
アメイジング・グレイス
 
アラビアの唄
 
アルプス一万尺
 
アロハ・オエ
 
家路
 
いとしのクレメンタイン(雪山讃歌)
 
駅馬車〜シー・シャンテについて〜
 
大きな古時計
 
思い出のグリーン・グラス
 
乾杯の歌
 
故郷の廃家
 
幸せなら手をたたこう
 
シェナンドー
 
ジェリコの戦い
 
ジングル・ベル
 
聖者が町へやってくる
 
線路の仕事
 
だれも知らない私の悩み(わが悩み知り給う)
 
峠の我が家
 
時には母のない子のように
 
ドライ・ボーンズ
 
なつかしきヴァージニア
 
埴生の宿
 
おおスザンナ
 
ネリー・ブリー
 
草競馬
 
故郷の人々(スワニー河)
 
鳴らせバンジョー
 
懐かしきケンタッキーの我家
 
金髪のジェニー
 
オールド・ブラック・ジョー
 
夢見る人(夢路より)
 
深い河
 
冬の星座
 
星の界
 
真白き富士の根(七里ヶ浜の哀歌)
 
メリーさんの羊
 
揺れるよ、チャリオット
 
リパブリック讃歌(ともだち讃歌)
 
旅愁
 
レッド・リヴァー・ヴァレー(赤い河の谷間)
 
アマポーラ(けしの花)
 
シェリト・リンド
 
ラ・クカラーチャ
 
コーヒー・ルンバ
 
バナナ・ボート・ソング
 
コンドルは飛んで行く
 
ラ・クンパルシータ
 
アリラン
 
トラジ
 
夜来香
 
草原情歌
 
田植歌
 
かわいいあの娘
 
調子をそろえてクリック・クリック・クリック
 
ワルツィング・マチルダ
 
サモア島の歌
 
青い眼の人形
 
赤い靴
 
赤とんぼ
 
憧れのハワイ航路
 
あざみの唄
 
明日があるさ
 
あの子はたあれ
 
あの町この町
 
アメフリ
 
雨降りお月 雲の蔭
 
いい日旅立ち
 
いなかの四季
 
 
うれしいひなまつり
 
贈る言葉
 
朧月夜
 
かあさんの歌
 
学生時代
 
肩たたき
 
カチューシャの唄/
 
悲しくてやりきれない
 
かなりや
 
からたちの花
 
かわいい魚屋さん
 
川の流れのように
 
川は流れる
 
乾杯
 
祇園小唄
 
北上夜曲
 
北国の春
 
希望
 
君恋し
 
鯉のぼり
 
荒城の月/
 
黄金虫
 
ここに幸あり
 
古城
 
この道
 
湖畔の宿
 
ゴンドラの唄
 
さくら貝の歌
 
さとうきび畑
 
里の秋
 
さよならはダンスの後に
 
シーハイルの歌
 
叱られて
 
下町の太陽
 
信田の藪
 
島唄
 
しゃぼん玉
 
十五夜お月さん
 
城ヶ島の雨
 
證城寺の狸囃子
 
少年時代
 
知床旅情
 
白い花の咲く頃
 
スキーの歌
 
鈴懸の径
 
砂山
 
昴〜すばる〜
 
背くらべ
 
世界に一つだけの花
 
惜別の唄(中大予科生「友を送る歌」)
 
船頭小唄
 
早春賦
 
宗谷岬
 
たき火
 
ちいさい秋みつけた
 
地上の星/
 
ちゃっきり節/
 
中国地方の子守歌
 
ちんちん千鳥
 
月の沙漠
 
翼をください
 
出船
 
出船の港
 
てるてる坊主
 
天龍下れば
 
東京音頭
 
東京行進曲
 
通りゃんせ
 
長崎の鐘
 
涙そうそう
 
夏の思い出
 
夏は来ぬ
 
七つの子
 
野菊
 
箱根八里
 
芭蕉布
 
 
花(すべての人の心に花を)
 
花かげ
 
花言葉の唄
 
花の街
 
花嫁人形
 
波浮の港
 
浜千鳥
 
浜辺の歌
 
春が来た
 
春の小川
 
ビール樽
 
琵琶湖周航の歌(我は湖の子)
 
ふじの山
 
冬景色
 
冬の夜
 
故郷
 
ペチカ
 
紅屋の娘
 
坊がつる讃歌
 
星影の小径
 
星影のワルツ
 
 
北帰行
 
牧場の朝
 
待ちぼうけ
 
毬と殿さま
 
マロニエの木蔭
 
見あげてごらん夜の星を
 
みかんの花咲く丘
 
虫のこえ
 
村の鍛冶屋
 
村祭
 
めえめえ児山羊
 
めんこい仔馬
 
もずが枯木で
 
紅葉
 
森の水車
 
椰子の実
 
山男の歌
 
山小舎の灯
 
夕日
 
夕焼小焼
 
 
雪の降る街を
 
揺籠のうた
 
夜明けのうた
 
ヨイトマケの唄
 
宵待草
 
リンゴの唄
 
忘れな草をあなたに
 
われは海の子