• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
指導者のためのリハーサル入門 〜吹奏楽、アマオケ、ビッグバンドを成功させる〜(音楽書)の画像

商品名:
指導者のためのリハーサル入門 〜吹奏楽、アマオケ、ビッグバンドを成功させる〜(音楽書)
(GTB01092000/(Y))
出版社:
ヤマハミュージックメディア
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
1,728円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
168
編著者:
監修:森田一浩
著者名:
磯金俊一
ISBNコード:
9784636920000
JANコード:
4947817253891 
初版日:
2016年3月10日
一口メモ:
本書では、リハーサルを通じて、バンドをより高いレベルに持ち上げる方法を考えていきます。さらに、指導者が知っておきたい基本的な考え方なども掲載。指導者必携です!
収載内容
 
■第1章 リハーサルの基本
 
01 リハーサルとは何か?
 
02 タイム・マネジメントの重要性
 
03 「短時間」「中・長期」でやることを考える
 
04 短い時間の使い方
 
05 中・長期的なスケジュールの立て方
 
■第2章 リハーサルのポイント
 
01 「今日の目標」を決めよう
 
02 演奏が止まったらすぐにコメントを出す
 
03 指示は具体的に、簡潔に
 
04 指示のあとはすぐに実践
 
05 演奏しない時間も頭は休ませない
 
06 アンサンブルの練習でやること
 
07 練習の流れ
 
08 休憩中の過ごし方
 
09 パート練習とセクション練習について
 
10 基礎練習を見直そう
 
11 スコアの読み方のポイント
 
12 スコアを色分けしよう
 
13 リズムを重視しよう
 
14 パーカッションとベースに求められること
 
15 メトロノームの使い方
 
16 ハーモニー担当の練習方法
 
17 メロディ担当の練習方法
 
18 3要素の組み合わせを変えて練習してみよう
 
19 リハーサルマークをまたいで練習する効果
 
20 休符を積極的に捉えよう
 
21 プロとの差は強弱にあり
 
22 新曲の取り入れ方
 
■第3章 指導のポイント
 
01 指導者を「演じ」よう
 
02 事前の準備が自信を生む
 
03 指導者は常にポジティブに!
 
04 大きな声で話すメリット
 
05 必ず実演しよう
 
06 「クイック・レスポンス・ルール」をつくろう
 
07 指揮のポイント
 
08 イメージやルールにこだわりすぎない
 
09 バンドの特性や目的によって指導を変える
 
10 音楽にどのくらいの時間を使えるかを考える
 
11 プレイヤーのタイプ別対応法
 
12 ほめ方、叱り方のバランス
 
13 ビジョンは具体的にして共有する
 
14 言葉の「間」を重視しよう
 
15 パートリーダーを決めよう
 
16 指導者5割、プレイヤー5割
 
17 指導者はあまりしゃべらないのが理想
 
■第4章 コンサート本番
 
01 コンサート本番の心構え
 
02 コンサートに向けた事務的な準備
 
03 事務作業の段取り
 
04 本番での指導者のふるまい方
 
05 本番後はとにかくほめる
 
付録ーー
 
移調楽器一覧/楽器名一覧/リハーサル用語集