• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
ショパン・コンクールを聴く(音楽書)の画像

商品名:
ショパン・コンクールを聴く(音楽書)
出版社:
アルファベータブックス
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
2,160円(税込)
サイズ:
四六
ページ数:
256
著者名:
舩倉武一
ISBNコード:
9784865980127
初版日:
2016年5月25日
一口メモ:
ショパン・コンクールでの音楽そのものを徹底的に論じ、なおかつ、常に話題を呼ぶ事件の連続だった歴史に迫る、ファン待望の書!!
収載内容
 
序章 ショパン・コンクールとは何か
 
1 正式名称
 
2 開催の経緯
 
3 開催時期と場所
 
4 音楽界での位置づけ
 
5 優勝者
 
6 最大の特徴
 
7 人気の秘密
 
8 インターネット配信
 
9 使われるピアノ
 
10 日本人審査員
 
11 コンクール審査方法
 
第1部 ショパン・コンクールの歴史
 
第1章 ショパン・コンクール10大事件
 
第1の事件 ショスタコーヴィチ予選落ち事件(第1回)
 
第2の事件 くじ引きで決まった優勝者(第2回)
 
第3の事件 採点疑惑「ハラシェヴィチ対アシュケナージ」(第5回)
 
第4の事件 優勝者ポリーニへの審査委員長ルービンシュタインの発言(第6回)
 
第5の事件 ポゴレリチ事件(第10回)
 
第6の事件 ブーニン・シンドローム(第11回)
 
第7の事件 優勝者なしの波紋(第12回)
 
第8の事件 またもや優勝者なし、あるいは「スルタノフ事件」(第13回)
 
第9の事件 ユンディ・リの勝利(第14回)
 
第10の事件 ヤマハの勝利(第16回)
 
(余話1)いわゆる「理香りん事件」について(真偽不明)
 
(余話2)なぜ本選で協奏曲2番を弾くと優勝できないのか?
 
第2章 ショパン・コンクールの覇者たち
 
  優勝者たちのコンクールまでの経歴、コンクール後の経歴、ピアニズムについて述べる
 
第1回(1927年)レフ・オボーリン
 
第2回(1932年)アレクサンダー・ウニンスキー
 
第3回(1937年)ヤコフ・ザーク
 
第4回(1949年、優勝者2名)ハリーナ・チェルニー=ステファンスカ、ベラ・ダヴィドヴィチ
 
第5回(1955年)アダム・ハラシェヴィチ
 
第6回(1960年)マウリツィオ・ポリーニ
 
第7回(1965年)マルタ・アルゲリッチ
 
第8回(1970年)ギャリック・オールソン
 
第9回(1975年) クリスティアン・ツィメルマン
 
第10回(1980年)ダン・タイ・ソン
 
第11回(1985年)スタニスラフ・ブーニン
 
第12回(1990年)優勝者なし
 
第13回(1995年)優勝者なし
 
第14回(2000年)ユンディ・リ
 
第15回(2005年)ラファウ・ブレハッチ
 
第16回(2010年)ユリアンナ・アヴデーエワ
 
第17回(2015年)チョ・ソンジン
 
第3章 ショパン・コンクールに敗れた名ピアニストたち
 
ドミトリー・ショスタコーヴィチ
 
パウル・バドゥラ=スコダ
 
ヴラディーミル・アシュケナージ
 
フー・ツォン
 
イーヴォ・ポゴレリチ
 
ジャン=マルク・ルイサダ
 
ケヴィン・ケナー
 
フィリップ・ジュジアノ
 
アレクセイ・スルタノフ
 
第4章 ショパン・コンクールに入賞した11人の日本人
 
田中希代子
 
中村紘子
 
内田光子
 
海老彰子
 
小山実稚恵
 
横山幸雄
 
高橋多佳子
 
宮谷理香
 
佐藤美香
 
山本貴志
 
関本昌平
 
第2部 ショパン・コンクールを聴く
 
資料 ショパン・コンクール関連の重要なDVDおよびCD