• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
パリの空の下《演歌》は流れる(音楽書)の画像

商品名:
パリの空の下《演歌》は流れる(音楽書)
出版社:
アルファベータブックス
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
2,700円(税込)
ページ数:
308
著者名:
吉田進
ISBNコード:
9784865980165
初版日:
2016年7月10日
一口メモ:
フランス現代音楽の最高峰オリヴィエ・メシアンに師事し、日本の演歌や能、縄文にインスピレーションを受けた作品を作曲、フランスで高い評価を受けている吉田進氏が40 年の在仏中に書いた思索の軌跡。
収載内容
 
第一章:僕の音楽遍歴
 
第二章:わが師メシアン
 
第三章:フランスと日本の間で
 
第四章:巴里音楽事情
 
第五章:フリーメイソンと音楽
 
第六章:国歌とはなにか
 
第七章:シャンソンと演歌