• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
バッハ・古楽・チェロ(CD付)(音楽書)の画像

商品名:
バッハ・古楽・チェロ(CD付)(音楽書)
(アンナー・ビルスマは語る/Booksウト)
出版社:
アルテスパブリッシング
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
4,104円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
272
編著者:
編・訳:加藤拓未
著者名:
アンナー・ビルスマ、渡邊順生
ISBNコード:
9784865591484
初版日:
2016年10月12日
一口メモ:
古楽運動を牽引したバロック・チェロの巨匠が初めて語る「音楽」「楽器」「人生」。A.ビルスマ+渡邊順生による未発表ライヴCD付き!
収載内容
 
プロローグ(加藤拓未)
 
第1部 音楽活動、仲間たち、そして人生
 
 シモン・ゴルトベルク
 
 父のこと
 
 ハーグ王立音楽院への入学
 
 恩師レーヴェン・ボームカンプ
 
 ネーデルラント歌劇場管弦楽団
 
 カサルス・コンクール優勝
 
 スランプ
 
 ブリュッヘンとの出会い
 
 音楽家の「キャリア」について
 
 アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
 
 古楽へのシフト
 
 テレマン《パリ四重奏曲》の録音
 
 初期の活動──ブリュッヘンとレオンハルト
 
 ヴォルフ・エリクソン
 
 オランダ古楽界のこと
 
 ロンドム・カルテット
 
 フェラ・ベッツとの出会い
 
 ラインベルト・デ・レーウ
 
 マテイス・フェルミューレン
 
 ブダペストのリスト賞
 
 バッハの《無伴奏チェロ組曲》に取りくみ始めた頃
 
 ハルモニア・ムンディでの録音
 
 「セルヴェ」ストラディヴァリウスとの出会い
 
 旅する音楽家
 
 日本人の古楽演奏家とその聴衆
 
 アムステルダム音楽院
 
 チェロのレッスン
 
 弟子たち
 
 鈴木秀美
 
 ラルキブデッリ
 
 音楽文庫
 
 私の病気について
 
 理想の演奏会
 
ビルスマ・アルバム(写真コーナー)
 
第2部 チェロ、センツァ・バッソ
 
チェロについて
 
 所有している楽器
 
 ピッコロ・チェロ
 
 セルヴェ=ストラディヴァリウス
 
 バロックとモダン チェロの構造の変化について 
 
 ・エンドピン
 
 ・ガット弦
 
 ・スティール弦
 
 ・弓について
 
 ・ピッチの上昇
 
 音楽は「物語」
 
 重要な音、重要でない音
 
 「語る」音楽
 
 聴衆とともに演奏する
 
 「線の太い」音楽と「語る」音楽
 
バッハのセンツァ・バッソ
 
 バッハの無伴奏楽曲とは?
 
 三つの通奏低音手法
 
 アンナ・マクダレーナ・バッハの写本について
 
第3部 《無伴奏チェロ組曲》の奏法
 
 「ボウイングの原則」一一箇条
 
 バッハの「エトセトラ」と「ゼクヴェンツ」
 
《無伴奏チェロ組曲》第1番
 
 1)プレリュード
 
 2)アルマンド
 
 3)クーラント
 
 4)サラバンド
 
 5)メヌエット
 
 6)ジーグ
 
◎フランス様式とイタリア様式のボウイング
 
《無伴奏チェロ組曲》第2番
 
 1)プレリュード
 
 2)アルマンド
 
 3)クーラント
 
 4)サラバンド
 
 5)メヌエット
 
 6)ジーグ
 
◎運指法にかんして
 
《無伴奏チェロ組曲》第3番
 
 1)プレリュード
 
 2)アルマンド
 
 3)クーラント
 
 4)サラバンド
 
 5)ブーレ
 
 6)ジーグ
 
◎六つの組曲が作曲された順番は?
 
《無伴奏チェロ組曲》第4番
 
 1)プレリュード
 
 2)アルマンド
 
 3)クーラント
 
 4)サラバンド
 
 5)ブーレ
 
 6)ジーグ
 
◎ヴィオラ演奏説
 
《無伴奏チェロ組曲》第5番
 
 1)プレリュード
 
 2)アルマンド
 
 3)クーラント
 
 4)サラバンド
 
 5)ガヴォット
 
 6)ジーグ
 
◎ヴァイオリンの名手バッハ
 
《無伴奏チェロ組曲》第6番
 
 1)プレリュード
 
 2)アルマンド
 
 3)クーラント
 
 4)サラバンド
 
 5)ガヴォット
 
 6)ジーグ
 
第4部 音楽について、そしてボッケリーニ
 
 「文化」と「芸術」の違い
 
 演奏家について──グレン・グールド、パブロ・カサルス
 
 室内楽
 
 ヴィヴァルディの音楽
 
 ベートーヴェン
 
 モーツァルトの協奏交響曲(未完成)の第1楽章
 
 ボッケリーニ
 
 弦楽五重奏曲の録音
 
 作曲家ボッケリーニについて
 
 「ボッケリーニのメヌエット」
 
 ボッケリーニの音楽と時代精神
 
 ボッケリーニの弱音表示
 
 「人を楽しませる」音楽
 
 ハイドン、ベートーヴェンとボッケリーニ
 
 ボッケリーニの「サウンド」
 
 シューベルトへの影響
 
 ボッケリーニの消滅
 
ビルスマの思い出と彼の芸術(渡邊順生)
 
 ビルスマの思い出
 
 ◆ビルスマの演奏
 
 ◆佐々木節夫メモリアル・コンサート
 
 ビルスマのレコード
 
 ◆アンナー・ビルスマ・コレクション
 
 ◆ヴォルフ・エリクソンとダス・アルテ・ヴェルク・シリーズ(テレフンケン)
 
 ◆セオンとBASF
 
 ◆一九八〇年代の録音
 
 ◆ヴィヴァルテと一九九〇年代
 
 ◆ベートーヴェンのチェロ・ソナタ
 
 ◆バッハの無伴奏チェロ組曲のDVD