• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
ピアノ・テクニックの科学(音楽書)の画像

商品名:
ピアノ・テクニックの科学(音楽書)
(プロフェッサー・ヤンケのピアノ・メソード)
出版社:
アルテスパブリッシング
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
2,700円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
240
編著者:
論文翻訳:アドリアン・ヤンケ/医学監修:酒井直隆
著者名:
アンスガー・ヤンケ、晴美・ヤンケ
ISBNコード:
9784865591491
初版日:
2016年9月25日
一口メモ:
「身体構造」「重力」「動き」を柱として、ピアノ演奏のための合理的な動作を身につける!ミュンヘン国立音楽大学で数多くの逸材を育てた名教授が、スポーツ医学、解剖学などの探究をもとにまとめ上げた画期的なピアノ・テクニック論、ついに公刊!
収載内容
 
はじめに
 
凡 例
 
PART I アンスガー・ヤンケの研究論文『ピアノ演奏におけるテクニックの考察』
 
第1章 概 論──打鍵における3つの構成要素
 
第2章 楽器と身体構造
 
I.ピアノ(ハンマークラヴィーア)とその特徴
 
II.演奏者の運動器官(指、手、腕、肩、体幹)
 
 1)4本の長い指
 
 2)親指
 
 3)手首
 
 4)前腕
 
 5)上腕
 
 6)肩甲帯
 
 7)体幹(胴体)
 
第3章 打 鍵
 
I.概論
 
II.「打鍵」に関するアナリーゼ
 
III.「打鍵」と「動き」についての所見
 
 1)打鍵について
 
 2)「動き」について
 
IV.指による打鍵
 
V.合理的な打鍵とは?
 
 1)指はどのように動くか?
 
 2)5本の指での合理的な打鍵(5音奏)と手のフォーム
 
 3)5指奏における動きと運動の合理性
 
第4章 テクニックの実際
 
I.座り方と姿勢
 
II.呼吸
 
III.音階と音階的パッセージ
 
 1)一般的な留意点
 
 2)【移動の動作Transportbewegung】
 
IV.【腕を縦に振動させる動きvertikale Schu?ttelung】(重音、和音、オクターヴの連打、連続したスタカート)
 
V.【腕を横に振動させる動きseitliche Schu?ttelung】(トレモロ、トリル)
 
第5章 所 見
 
I.響きについて
 
II.姿勢と「身振りの動き」について
 
III.エチュードについて
 
IV.ジストニアの病巣
 
第6章 「テクニック」について
 
PART II アンスガー・ヤンケの『ピアノ演奏におけるテクニックの考察』──解説と実践(晴美・ヤンケ)
 
第1章 ヤンケのメソードによるテクニックの理論と実践
 
I.姿勢と呼吸
 
 1)姿勢
 
 2)呼吸
 
 3)腹式呼吸の練習とレッスンでのコントロール
 
II.打鍵
 
 1)ヤンケのメソードによる「打鍵」:【安定した手のフォーム】と【指を立てる動作Stellbewegung】
 
 2)ヤンケのメソードによる重力奏法
 
III.テクニックのベース:筋肉の収縮と弛緩
 
 1)手と腕の筋肉の収縮と弛緩を使い分けるための練習とレッスンでのコントロール
 
  a.前腕を持ち上げる練習とレッスンでのコントロール
 
  b.手を持ち上げる練習とレッスンでのコントロール
 
  c.[肩関節の外転=前腕を胴体から外側に離す動き]の練習とレッスンでのコントロール
 
 2)【指を固定して鍵盤に立てる動作Stellbewegung】の練習とレッスンでのコントロール
 
 3)【手と指の上げ下げの運動Lift-Senk-Bewegung】
 
  a.【手と指の上げ下げの運動Lift-Senk-Bewegung】とは?
 
  b.【手と指の上げ下げの運動Lift-Senk-Bewegung】の練習とレッスンでのコントロール
 
IV.ヤンケのメソードによる【3つのピアニスティックなテクニック】
 
3つのテクニック:その1【音階】
 
 1)【音階奏】での複合的な動き
 
  a.指の動き
 
  b.腕の動き
 
  c.【4本の指が親指を越える動きDaumenu?bersatz】と【親指が他の4指の下を潜る動きDaumenuntersatz】
 
  d.胴体の動き
 
 2)【音階奏】で手や腕が担う解剖学的機能
 
 3)【音階奏】に関する練習とレッスンでのコントロール
 
  a.【5音(5指)音階Fu?nffingerlage】での練習
 
  b.【音階Tonleiter】の練習
 
3つのテクニック:その2【腕を縦に振動させる動きvertikale Schu?ttelung】(単音、重音、和音、スタッカートの連打)
 
 1)【腕を縦に振動させる動きvertikale Schu?ttelung】とは?
 
 2)【手首による打鍵】との比較
 
 3)【腕を縦に振動させる動きvertikale Schu?ttelung】の練習
 
3つのテクニック:その3【腕を横に振動させる動きseitliche Schu?ttelung】
 
 1)【腕を横に振動させる動きseitliche Schu?ttelung】とは?
 
 2)【手首または前腕によるローリング】との比較
 
 3)【かき混ぜる動きRu?hrbewegung】
 
 4)【腕を横に振動させる動きseitliche Schu?ttelung】の練習
 
V.ペダル
 
 1)音を保持するためのペダル indirektes Pedal
 
 2)特別な音を強調するためのペダル direktes Pedal
 
 3)ソフト・ペダル Una-Corda-Pedal
 
 4)ソステヌート・ペダル Sostenuto-Pedal
 
VI.メンタル・トレーニング
 
 1)テクニックの学習におけるメンタル・トレーニング
 
 2)「動き」に関するメンタル・トレーニング
 
 3)ストレス状況におけるメンタル・トレーニング
 
 4)メンタル・トレーニングによるテクニックの練習法
 
第2章 練習について:ヤンケの提唱
 
 1)プロフェッショナルな練習とは?
 
 2)学習のプロセス
 
 3)基礎テクニックの練習のまとめ
 
第3章 「動き」に関して:ヤンケの見解
 
第4章 ヤンケのレッスンでの特徴と教育への信念
 
 1)運指法
 
 2)テクニックの応用
 
 3)エチュード(練習曲)について
 
 4)困難なパッセージの練習
 
 5)フォルテで練習することに対する反対意見
 
 6)作品の様式や音列によるテクニックの使い分けについて
 
 7)レッスンでのコントロールとセルフ・コントロール
 
 8)曲の仕上げと暗譜
 
 9)響きと、「見た目の錯覚」について
 
 10)ピアノ・テクニックの他の楽器への転用
 
 11)ヤンケの楽器教育への信念
 
第5章 ヤンケの書斎から:使用された文献と参考資料
 
 1)フレデリック・ショパン
 
 2)トニー・バントマン
 
 3)ルドルフ・マリア・ブライトハウプト
 
 4)ルートヴィッヒ・デッぺ/エリザベス・カランド
 
 5)ルートヴィッヒ・リーマン
 
 6)カール・ライマー/ワルター・ギーゼキング
 
 7)ゲルハルト・マンテル
 
 8)その他の文献
 
第6章 ヤンケのレッスンの回想
 
PART III 補 遺(晴美・ヤンケ)
 
第1章 楽器について
 
I.ピアノの前身
 
II.手と鍵盤に関する問題点
 
III.現代ピアノの特徴と演奏の際の留意点
 
 1)打鍵に要する鍵盤の重さとエスケープメント・アクション
 
 2)強弱や音色を決定するもの
 
第2章 ピアニストのための解剖学
 
I.ピアノを弾く指、手、腕、肩の筋肉と骨格
 
 1)手と指
 
  a.手の骨と関節
 
  b.指の骨と関節
 
  c.指を動かす筋肉
 
  d.手首(手関節)
 
 2)前腕
 
  a.前腕の骨
 
  b.回旋:[回内]と[回外]
 
  c.前腕の筋肉
 
 3)上腕
 
  a.上腕の骨と関節
 
  b.上腕の筋肉
 
 4)肩
 
  a.肩の骨と肩関節
 
 5)体幹(胴体)
 
  a.体幹の骨
 
  b.背中と胸の筋肉
 
II.筋肉の収縮と弛緩、筋肉収縮の種類
 
III.関節の可動を表す解剖学用語の解説(まとめ)
 
IV.運動を指令する脳と情報を伝える神経システム
 
 1)運動の伝達 脳と神経システム
 
 2)大脳皮質
 
 3)パチニ小体
 
 4)小脳と脳幹
 
PART II、PART IIIに関する参考文献(五十音順)
 
おわりに