• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
断言 1998〜2008(音楽書)の画像

商品名:
断言 1998〜2008(音楽書)
(BURRN!叢書)
出版社:
シンコー・ミュージック
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
1,500円(税込)
サイズ:
B6
ページ数:
272
著者名:
伊藤政則
ISBNコード:
9784401643844
初版日:
2016年12月21日
一口メモ:
伊藤政則氏がBURRN! に連載する人気コラムの書籍化。既刊の『断言』(1986年~1991年)、『断言 其ノ二』(1992年~1997年)に続く「1998年~2008年」編の第3弾が遂に登場!
収載内容
 
1998年
 
METALLICAの“正しい選択”
 
恐竜化した『MONSTERS OF ROCK』
 
「VIRTUAL ELEVEN」試聴
 
バンドという“もう1つの家族”
 
マイケル・シェンカー、御乱心!
 
MR.BIGに状況好転の兆し…?
 
チケット代を払う価値のあるライヴ
 
ジャム・セッションの重要性
 
問われる“プロモーション”の意味
 
1999年
 
1998年12月、ロンドンにて
 
MONSTER MAGNETの凄さ
 
6人編成IRON MAIDEN誕生!
 
大型新人BUCKCHERRY
 
王道を歩むDEF LEPPARD
 
伝説の凄腕マネージャー達
 
メタル・マイクとの再会
 
DREAM THEATERの新作に見たロックの醍醐味
 
2000年
 
THUNDER解散の衝撃
 
ロブ・ハルフォード、メタルへの帰還
 
マーティー・フリードマンの脱退
 
ジョン・ボン・ジョヴィ、豪邸で新曲披露
 
新生IRON MAIDEN、アルバム完成!
 
秘密主義という名の戦略
 
「CRUSH」、バカ売れ!
 
ロブ・ハルフォードとの再会
 
BON JOVI、4年振りの日本公演
 
AC/DC来日実現という“夢”
 
20世紀から21世紀へ
 
2001年
 
圧巻だったBUCKCHERRYのライヴ
 
ロッド・スモールウッドの現場主義
 
ザック・ワイルド復活劇
 
真の意味での「進化」と「成長」
 
壮絶なるメキシコ出張
 
BON JOVIに見た、セットリストのマジック
 
名盤再検証番組からの出演依頼
 
注目の『BEAST FEST 2001』
 
ビリー・シーン。電撃解雇!?
 
MR.BIG解散ツアーの裏で錯綜する思惑
 
『ROCK STAR』の興味深いポイント
 
2002年
 
2001年の総括
 
マーケティング主義に意義あり!
 
“永遠の少年”スティーヴン・タイラー
 
MEGADETH、突然の解散
 
注目のGN’R『SUMMER SONIC』参戦
 
LED ZEPPELIN再結成か!?
 
2003年
 
期待が募る年明けのBON JOVI来日
 
アコースティック・ショウの裏舞台
 
ロブ・ハルフォードの復帰はあるのか?
 
『METALLICA H.Q.』初訪問
 
METALLICAの“生還”
 
JUDAS PRIESTの英断
 
METALLICA来日、二転三転
 
2004年
 
METALLICAが下した鉄槌
 
賢者IRON MAIDENの決断
 
有意義だったパッケージ・ショウ
 
METALLICAのサーヴィス精神
 
オン・エア解禁と合法的リーク
 
RUSH来日待望論
 
心の中に秋風が…
 
2005年
 
ファンとは何か?
 
JUDAS PRIEST「復活」の重み
 
「ANGEL OF RETRIBUTION」音源流出
 
伝説の体現者としての精神性
 
IRON MAIDEN日本公演の頓挫
 
カウントダウンは近づいている
 
幻のリスニング・パーティー
 
「HAVE A NICE DAY」オリコン1位!
 
2006年
 
急遽決まったAEROSMITH独占会見
 
ボーダーレスの時代
 
DREAM THEATER公演の賛否
 
上昇気流に乗ったTHUNDER
 
ロック・シーンの「2007年問題」
 
クラシック・ロックというフォーマット
 
公表するかしないか
 
黄金時代を迎えたIRON MAIDEN
 
英国・欧州と日本の市場と温度差
 
IRON MAIDEN、新作を完全再現!
 
2007年
 
ロッド・スモールウッド、新会社設立
 
スティーヴン・タイラーの“怒り”
 
GUNS N’ ROSESの瞬発力
 
EU圏の豪華な夏フェスティヴァル
 
2006年ロンドンでの歴史的な邂逅
 
アクセル・ローズが見据えているもの
 
フィンランドの健全な新陳代謝
 
真打ち登場!
 
2008年
 
崩れつつある“三位一体”
 
IRON MAIDENの未曽有のエネルギー
 
見えた『CRUE FEST』の全貌
 
1時間40分の「NOSTRADAMUS」
 
風化することのないY&Tの魅力
 
加速する音楽業界の変貌