• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
歌舞伎の音楽・音(音楽書)の画像

品切れ
商品名:
歌舞伎の音楽・音(音楽書)
(133230)
出版社:
音楽之友社
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
4,860円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
408
著者名:
配川美加
ISBNコード:
9784276133235
初版日:
2016年12月31日
一口メモ:
出囃子(長唄)、陰囃子(黒御簾音楽)、歌舞伎浄瑠璃(竹本、常磐津、清元)、浄瑠璃(大薩摩節、河東節、新内節)、三曲から柝、ツケ、効果音、揚幕の開閉音、役者の演奏、役者のセリフ、化粧声、所作舞台を踏む音に至るまで徹底解説。
収載内容
 
はじめに
 
【歌舞伎に関する基本的な情報】
 
【凡例】
 
第一章 歌舞伎音楽の歴史
 
第二章 歌舞伎作品のいろいろ
 
(一)今日の歌舞伎作品の種類−−1 歌舞伎舞踊 2 歌舞伎科白劇
 
(二)上演形態の今と昔−−1 今日の上演形態 2 江戸時代の上演形態
 
第三章 歌舞伎音楽のいろいろ
 
(一)主要音楽−−1 歌舞伎囃子 2 歌舞伎浄瑠璃 3 三つの機能
 
(二)その他の音楽−−1 浄瑠璃 2 三曲 3 録音
 
第四章 歌舞伎囃子
 
(一)出囃子(長唄)−−1 演奏者 2 演奏形態 3 楽器 4 唄の特徴 5 出囃子の変遷 
 
6 曲の成立 7 唄・三味線・鳴物の音楽的特徴 8 曲の構成 9 譜本
 
(二)陰囃子−−1 演奏者 2 演奏形態 3 付師と付帳 4 楽器 5 陰囃子の変遷 
 
6 曲目 7 組み合わせ方 8 歌舞伎の局面別の分類 9 曲の機能 10 演奏方法のいろいろ 
 
11 特殊な演奏形態 12 演奏の違い 13 譜本 14 他の分野への影響
 
第五章 歌舞伎浄瑠璃
 
(一)竹本−−1 歴史 2 演奏者 3 義太夫の作品構造 4 演奏形態 
 
5 三味線の特色 6 語りの特色 7 演目 8 音楽的特徴 9 譜本
 
(二)常磐津節−−1 成立と歴史 2 演奏者 3 演奏形態 4 三味線の特色 5 語りの特色 6 曲の成立 7 音楽的特徴 8 譜本
 
(三)清元節−−1 成立と歴史 2 演奏者 3 演奏形態 4 三味線の特色 5 語りの特色 6 曲の成立 7 音楽的特徴 8 譜本
 
第六章 その他の歌舞伎音楽
 
(一)浄瑠璃−−1 大薩摩節 2 河東節 3 新内節
 
(二)三曲−−1 地歌 2 箏曲 3 胡弓 4 尺八
 
(三)録音
 
第七章 歌舞伎の音
 
(一)柝−−1 柝を打つ人とその役割 2 柝(拍子木) 3 柝を打つタイミング
 
(二)ツケ(附け)−−1 ツケを打つ人 2 附け板と附け木 3 ツケの種類と打つタイミング 4 附け帳
 
(三)効果音−−1 昆虫の鳴き声 2 鳥の鳴き声など 3 動物の鳴き声など 4 道具の音 5 自然界の音
 
(四)揚幕の開閉音−−1 揚幕を開閉する人 2 揚幕 3 開閉音の違い
 
(五)役者の演奏
 
(六)役者のセリフ
 
(七)化粧声
 
(八)所作舞台を踏む音
 
【参考】大向うのかけ声−−1 かけ声の種類 2 かけ声のタイミング
 
第八章 実際の舞台に即して
 
(一)儀礼音楽−−1 《着到》 2 《片砂切》 3 《砂切》 4 《打出し》
 
(二)劇音楽−−1 時代物『一谷嫩軍記』「熊谷陣屋」 2 世話物『青砥稿花紅彩画』(通称『弁天娘女男白浪』『白浪五人男』)
 
(三)舞踊音楽−−1 竹本・長唄《京鹿子娘道成寺》 2 常磐津《将門》 3 清元《お祭》
 
おわりに
 
主要参考文献
 
江戸期の和暦・西暦対照表 
 
あとがき
 
図・写真・譜例表一覧
 
演目索引