• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
ROCK JET(ロックジェット)VOL.72の画像

商品名:
ROCK JET(ロックジェット)VOL.72
(64590/シンコー・ミュージック・ムック)
出版社:
シンコー・ミュージック
ジャンル名:
雑誌・写真集
定価:
1,430円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
176
ISBNコード:
9784401645909
初版日:
2018年5月13日
一口メモ:
アルバム《Journey of a Songwriter》と何だったのか──10年ぶりの新作発表を経て3年に及ぶツアーを終えた、本誌恒例・浜田省吾大特集!
収載内容
 
■巻頭特集
 
浜田省吾 もっと自由でいいんだ──
 
・板谷宏行インタヴュー
 
「僕は彼が独りで旅したであろう場所を再訪して、
 
『劇場で浜田省吾と一緒に旅をしてもらう』ことをテーマにすると決めたのです」
 
・月亭方正 インタヴュー
 
「実は、落語で感情を込める時、浜田省吾さんの声を入れているんです」
 
・奇妙礼太郎 インタヴュー
 
「浜田省吾さんの歌はホスピタリティが高いというか、聴く人の側に立って
 
曲が作られている幹事がします。ちゃんと聴く人を目的地まで連れて行ってくれる歌なんです」
 
・ソングライターは自由に疾走しつづける
 
・WEEKEND Caf? ?Open at noon- Vol.8 映画の中の浜田省吾
 
■インタヴュー 柴山俊之
 
「『頑張るぞ』はすぐ口にできるけど、『やりたいよ』は適当に言う言葉ではない。
 
好かれ様が嫌われようが関係なく、人殺しをしたというくらい
 
真剣に歌わないと相手に失礼になる。それくらいのものだと思う」
 
■インタヴュー 富岡義広
 
祝!還暦、60歳になった日、赤いマフラーを首に巻いて
 
・富岡“GRICO”義広は、一粒で60年! まだまだ全力疾走中!
 
■ライヴ・リポート
 
エレファントカシマシ
 
夢追いを肯定し続けるバンドの31年目の咆哮
 
・エレファントカシマシ「30th ANNIVERSARY TOUR 2017
 
“THE FIGHTING MAN”」(3月17日、さいたまスーパーアリーナ)を観た
 
・流賀良志彦(イージー・ウォーカーズ)
 
 <ジャンピン・ジャック・フラッシュ>50周年を記念して
 
・ボブ・ディラン、フジ・ロック・フェスティバルに登場!