• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
シティ・ポップ 1973-2019の画像

商品名:
シティ・ポップ 1973-2019
(ミュージック・マガジン増刊)
出版社:
ミュージックマガジン社
ジャンル名:
雑誌・写真集
定価:
1,834円(税込)
サイズ:
B5変
ページ数:
250
編著者:
監修:松永良平
JANコード:
4910196380892 
初版日:
2019年8月1日
一口メモ:
70〜80年代の日本で生まれた、都市生活者たちを歌った新しい音楽シティ・ポップは、2018年から急激に再評価の機運が高まっています。シティ・ポップが日本の音楽にどう受け継がれているのかに注目した増刊号を刊行!
収載内容
 
はじめに(編集部)
 
[インタヴュー]大貫妙子(渡辺亨)
 
[インタヴュー]Night Tempo?再評価を先導した韓国のDJ(松永良平)
 
[インタヴュー]北沢洋祐? “Light In The Attic” レーベル所属プロデューサー(松永良平)
 
1973-1979名盤選
 
自分たちが暮らす都市を描く音楽として捉えなおされるシティ・ポップ(松永良平)
 
米国シーンの流れを同時代的に取り入れたクールな日本の音楽(渡辺亨)
 
ブラジルのシンガー、エジ・モッタが語るシティ・ポップの魅力(中原仁)
 
[インタヴュー]ハワード・ウィリアムズ(英国人DJ、ディストリビューター)(松永良平)
 
1980-1989名盤選
 
[インタヴュー]角松敏生(柴崎祐二)
 
80年代を知らない世代に「いいですね」と言われると、この音楽には何かあるのかもなと思うんです(松永良平×藤井陽一)
 
80年代音源へと拡張を続ける“和モノ”の実情を探る(池上尚志)
 
[インタヴュー]クニモンド瀧口(流線形)(池上尚志)
 
“私的”80年代シティ・ポップ・ベスト10(クニモンド瀧口)
 
1990-1999名盤選
 
「90年代のシティ・ポップ」が旧来の価値観を転覆させる(柴崎祐二)
 
[インタヴュー]国分友里恵(池上尚志)
 
[インタヴュー]児島未散(馬飼野元宏)
 
シティ・ポップ 2000-2019?再評価とパラレルに登場した、都市の風景をリアルに描く若手ミュージシャンたち(小山守)
 
[コラム]シティ・ポップは米ヒップホップのインフルエンス源へと昇格した?(長谷川町蔵)
 
[コラム]自国アーティストの再評価へと向かう韓国シティ・ポップ(高橋修)
 
索引
 
編集後記