• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
ギター・アンプの真実(音楽書)の画像

商品名:
ギター・アンプの真実(音楽書)
(3436/エレキ・ギターの音色の90%以上はアンプで決まる)
出版社:
リットーミュージック
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
1,980円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
176
著者名:
アキマツネオ
ISBNコード:
9784845634361
初版日:
2019年10月26日
再発行日:
2020/1/14 2刷
一口メモ:
エレキ・ギターの音色の90%以上はアンプで決まる!?ギター・アンプを知り尽くすアキマツネオ氏が語り尽くす真実のアンプ論。信じるか信じないかは、あなた次第!
収載内容
 
●歴史的名機と、その真実
 
・MARSHALL 1959
 
・VOX AC30
 
・FENDER Twin Reverb
 
・HIWATT DR103
 
・ORANGE OR120
 
●レジェンド・ギタリストと使用アンプ
 
・マーク・ボラン(T.REX)
 
・ロリー・ギャラガー
 
・ミック・ロンソン(DAVID BOWIE)
 
・ブライアン・メイ(QUEEN)
 
・ジョニー・サンダース(NEW YORK DOLLS)
 
・スティーヴ・ジョーンズ(SEX PISTOLS)
 
・ジミ・ヘンドリックス
 
・エリック・クラプトン
 
●Guitar Amp Basics(基礎編)
 
 ・真空管アンプとトランジスタ(ソリッドステート)・アンプを比較
 
 ・真空管アンプが生む音質――その真実
 
 ・ベース・アンプとしての真空管アンプ
 
 ・真空管アンプの仕組み(1)
 
 ・真空管アンプの仕組み(2)整流回路
 
 ・真空管アンプの仕組み(3)入力段
 
 ・真空管アンプの仕組み(4)出力段
 
 ・真空管というパーツの特徴
 
 ・真空管の寿命
 
 ・「プレゼンス」ツマミとは
 
 ・スピーカー・ユニットの選択肢
 
 ・スピーカー・ユニットの接続とインピーダンス
 
 ・スピーカー・ユニットの口径と出力
 
 ・セレッションのスピーカー・ユニット
 
 ・スピーカーのエイジング
 
 ・キャビネットの構造と音質
 
 ・スピーカーユニットの交換の目安
 
●Guitar Amp Tutorial(応用編)
 
 ・オーディオ・アンプとギター・アンプの違い
 
 ・プレイヤーが考えるべき「範疇」
 
 ・アンプの音量とワット数
 
 ・アンプの生む「コンプ感」
 
 ・トランスとは
 
 ・ケーブルの話〜ドンシャリ・サウンドとは
 
 ・4つ穴、6つ穴
 
 ・グラウンド・アース
 
 ・ギターアンプの限界
 
 ・アンプのツマミ・セッティングに関して
 
 ・コンセント〜ホスピタルグレード
 
 ・真空管のバイアス調整の必要性
 
 ・アンプのメンテナンスと修理
 
 ・ヒューズ
 
 ・ACインレットと形状
 
●Guitar Amp Manural(実践編)
 
 ・市販のギターアンプ
 
 ・マーシャルのトーン
 
 ・アンプの歪み、ファズの歪み
 
 ・アンプの歪み、オーバードライブの歪み
 
 ・スピーカーが生む「歪み」
 
 ・回路がシンプルだと音は良くなるのか?
 
 ・ノイズの正体
 
 ・電源ケーブルとヒューズの種類
 
 ・ガリが発生したポットは修理可能か
 
 ・内蔵リバーブの種類やメーカー
 
 ・パワー・アッテネーターの是非
 
 ・「AKIMA & NEOS」〜アンプビルダーとして
 
●特別対談1 アキマツネオ vs 越川和磨(元・毛皮のマリーズ)
 
「アキマさんのアンプの音は、聴いてすぐ
 
●特別対談2 アキマツネオ vs MR.PAN(THE NEATBEATS)
 
「1963年当時の本物の機材、そこにこだわっているんです」