• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
バッハの音符たち(音楽書)の画像

商品名:
バッハの音符たち(音楽書)
(200600/池辺晋一郎の「新・バッハ考」)
出版社:
音楽之友社
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
2,700円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
184
著者名:
池辺晋一郎
ISBNコード:
9784276200609
(4-276-20060-1)
初版日:
2000年12月25日
再発行日:
2016/6/30 第16刷発行
一口メモ:
TV、雑誌、新聞をはじめ、さまざまな舞台で多彩な活動を展開している作曲家・池辺晋一郎によるバッハ讃。作曲家ならではの鋭い分析でバッハの偉大さをわかりやすく、しかも楽しく解説。その音楽のすばらしさが強い説得力を持って熱く語られている。
収載内容
 
第1章 バッハの譜面は本当にすごいのだ
 
第2章 「G線上のマリア」はジャンルを超える!
 
第3章 旋律のユニークな作り方――ブランデンブルク協奏曲
 
第4章 史上最大の大作?――ゴルトベルク変奏曲
 
第5章 「シャコンヌ」をフルコースで
 
    ――無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番第5曲 シャコンヌ
 
第6章 毅然、決然の協奏曲――ヴァイオリン協奏曲
 
第7章 「トッカータとフーガ ニ短調」のディーテイル
 
第8章 「トッカータとフーガ ニ短調」のすごさ
 
第9章 モチーフの集積・インヴェンション
 
第10章 ゲームの捧げ物――音楽の捧げ物
 
第11章 非和声音と調性の魅力
 
    ――平均律クラヴィーア曲集第1巻より プレリュード ロ短調
 
第12章 「コーヒー・カンタータ」は小オペラだ!
 
第13章 トリオ・ソナタ、そして通奏低音
 
第14章 常識的でないバッハ――シェメッリ賛美歌集より
 
第15章 ひとりオーケストラ――イタリア協奏曲
 
第16章 分散和音のレシピ――無伴奏チェロ組曲
 
第17章 EUのさきがけ・ポロネーズ――管弦楽組曲
 
第18章 200年の先見性!〜バッハは十二音主義者?――平均律クラヴィーア曲集第1巻
 
第19章 デュオにはソロも含まれる!――ヴァイオリンとクラヴィーアのためのソナタ
 
第20章 ソロにはデュオも含まれる!――無伴奏フルートのためのパルティータ
 
第21章 バッハはロマンティスト――「主よ、人の望みの喜びよ」
 
第22章 音符を書くという労働――3台のチェンバロのための協奏曲
 
第23章 バッハは優しかった――「フランス組曲」による性格判断
 
第24章 トレランス(寛容)――「マタイ受難曲」の精神