• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
「あがり」を克服する(音楽書)の画像

商品名:
「あがり」を克服する(音楽書)
(144580/ヴァイオリンを楽に弾きこなすために)
出版社:
音楽之友社
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
2,376円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
160
編著者:
訳:今井理瑳、藤本都紀
著者名:
カトー・ハヴァシュ
ISBNコード:
9784276144583
初版日:
2002年4月30日
再発行日:
2015/1/31 第13刷発行
一口メモ:
ヴァイオリン奏者にとって深刻な問題であるさまざまな「あがり」を分析し、「楽器や弓を落としそうになる」「弓が震える」など、具体的な恐れとその原因、治療法と練習法について、ていねいに解説。ヴァイオリンを演奏する人にとって福音の書。
収載内容
 
【1】総論
 
1)あがりは恥という考え
 
2)あがりの症状
 
A:不安とは?
 
3)芸術家と聴衆の関係
 
【2】ハンガリーのロマ・ヴァイオリニスト
 
【3】あがりの身体的側面
 
1)楽器を落としそうになる恐れ
 
原因と治療法/練習法(1)・(2)
 
2)弓が震えてしまう恐れ
 
原因と治療法/練習法
 
A:ボウイング/練習法
 
3)音程が外れる恐れ
 
原因と治療法/練習法
 
A:第4指(小指)/練習法
 
4)ハイ・ポジションとシフトに対する恐れ
 
原因と治療法
 
A:ハイ・ポジション/練習法(1)・(2)
 
B:シフト/練習法
 
【4】あがりの精神的側面
 
1)音量不足なのではという恐れ
 
原因と治療法
 
A:ヒアリング(聞く)/練習法
 
B:リスニング(聴く)/練習法
 
2)速くパッセージが弾けないという恐れ
 
原因と治療法/練習法(1)・(2)
 
3)曲を忘れてしまう恐れ
 
原因と治療法/練習法
 
4)言葉の力
 
5)イメージの力
 
【5】あがりの社会的側面
 
1)上手に弾けないのではないかという恐れ
 
原因と治療法
 
【6】まとめ
 
1)練習の工夫
 
2)試験、オーディション、コンクール、演奏会に向けてのアドバイス
 
3)練習のポイント