• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
音楽療法 研究と論文のまとめ方(音楽書)の画像

商品名:
音楽療法 研究と論文のまとめ方(音楽書)
(122740/資格取得をめざす人のために)
出版社:
音楽之友社
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
3,024円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
160
著者名:
貫行子/星野悦子
ISBNコード:
9784276122741
(4-276-12274-0)
初版日:
2002年6月30日
再発行日:
2016/8/31 第9刷発行
収載内容
 
第1章 音楽療法の研究はなぜ必要なのか
 
A.音楽療法の研究はなぜ必要なのか
 
B.科学としての音楽療法研究
 
第2章 音楽心理学と音楽療法の関連性について
 
A.音楽心理学とは何か
 
 1.音楽心理学とはどういうものなのか
 
 2.音楽心理学の歴史
 
 3.音楽心理学の研究のテーマ
 
B.音楽療法はいま
 
 1.現在の音楽療法研究
 
 2.音楽の効果か、モーツァルト効果か
 
 3.臨床的な音楽療法の研究
 
 4.音楽療法とその関連領域
 
C.音楽心理学と音楽療法の共通性と相違性
 
 1.共通性
 
 2.相違性
 
 3.基礎研究と応用臨床研究
 
D.音楽心理学と音楽療法の関係
 
 1.音楽心理学と音楽療法の問題点
 
 2.音楽心理学の貢献
 
 3.音楽心理学と音楽療法の連携
 
第3章 すぐれた研究論文とは
 
A.どのようにして「テーマ」を見つけるのか
 
B.すぐれた発想と独創性あふれるテーマ
 
C.学術性があるか
 
 1.基礎的な書物
 
 2.日本における関連学会の論文集(機関誌)
 
 3.海外の学術論文の見つけ方 
 
 4.事典類を活用する
 
 5.国立国会図書館に行って調べる
 
D.考察を深めているか
 
第4章 音楽心理学の研究方法
 
A.音楽心理学で用いられる一般的な研究方法
 
 1.観察法(observation method)
 
 2.実験法(experiment)
 
 3.質問紙法(questionnaire method)
 
 4.検査法(test)
 
 5.面接法(interview)
 
 6.文献研究または文献・記録法
 
 7.生理心理学的手法
 
B.教育・発達についての研究方法
 
 1.一般的な研究方法における留意点
 
 2.教育・発達研究に独自な方法
 
C.臨床心理学の研究方法
 
D.データの整理と統計処理
 
第5章 音楽療法の研究方法
 
A.音楽療法研究の分類法
 
 1.基礎研究と応用研究
 
 2.伝統的な分類法による四つのタイプ
 
B.量的研究と質的研究との比較
 
C.音楽療法の質的研究の方法
 
 1.基本的な手続き
 
 2.単一事例実験デザイン
 
D.質的研究の方法
 
 1.質的研究・事例研究の進め方
 
 2.音楽療法の質的研究
 
第6章 論文の基本的な構成
 
A.タイトルの決め方
 
B.論文の章立てをする
 
C.「はじめに」に何を書くか
 
D.本論の記述
 
 1.目的
 
 2.方法
 
 3.結果(または経過と結果)
 
 4.考察
 
E.結論(まとめと今後の課題)
 
第7章 研究発表のコツと心得
 
A.いい研究発表をするためには
 
 1.研究発表の目的と意義
 
 2.研究発表と論文の特徴
 
 3.学会・研究集会への発表申し込み
 
 4.発表抄録(レジュメ)の書き方
 
B.口頭発表の仕方
 
 1.準備の大切さ
 
 2.発表原稿の作り方
 
 3.ヴィジュアル・メディアの活用法
 
 4.ハンドアウト(handout)の利用
 
 5.質疑応答を生かそう
 
C.ポスター発表の仕方
 
 1.ポスターセッションの特徴
 
 2.ポスターの作り方
 
第8章 論文の実際の書き方
 
A.研究論文とは何か
 
 1.論文の意義
 
 2.論文とレポートの違い
 
 3.卒業論文・修士論文・学術論文
 
B.論文作成で気をつけたいこと
 
 1.論文執筆の準備
 
 2.論文の執筆と引用の留意点
 
C.各章ごとの書き方のコツ
 
 1.はじめに(序文・序論・問題・緒言)
 
 2.目的
 
 3.方法
 
 4.結果
 
 5.考察
 
 6.要約・謝辞
 
D.図・表の作り方とその題目の置き方
 
E.文献表とその注意点
 
付録  音楽心理学・音楽療法に関連する国内主要学会・研究会一覧