• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
おとなのピアノ 独学のすすめ(音楽書)の画像

商品名:
おとなのピアノ 独学のすすめ(音楽書)
(ぼくはこうして「英雄ポロネーズ」をマスターした)
出版社:
春秋社
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
1,836円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
220
著者名:
広瀬宣道
ISBNコード:
9784393934715
(4-393-93471-7)
初版日:
2002年12月10日
収載内容
 
・プロローグ/1
 
■第一話 楽譜が読めなくても大丈夫
 
1.ピアノとの出会い
 
2.指の流れで覚えよう
 
3.楽譜へのカナふり
 
■第二話 《ネコふんじゃった》流マスター法
 
1.音楽の規則を見つける
 
(1)全体の構成のチェック
 
(2)音符のパターン
 
(3)パターンをつかむ工夫
 
(4)左手のパターン
 
2.徹底丸暗記の技法
 
(1)視覚による記憶
 
(2)聴覚による記憶(聞き覚え)
 
(3)歌詞づけで覚える
 
(4)指の流れによる記憶
 
3.五本の指と指番号
 
■第三話 ”ピアノが弾ける!?近道と練習法
 
1.弾きたい曲
 
2.左手の練習
 
3.右手の練習
 
4.弾けない理由
 
5.練習のまとめ
 
■第四話 《エリーゼのために》が弾けた
 
1.独学の楽しみ
 
2.ペダルは踏むだけではない
 
3.ペダルについて学んだこと
 
4.ダンパーペダル
 
■第五話 スランプから抜け出す
 
1.受験の合間に
 
2.クレイダーマンのレクチュア
 
3.ピアノを買う
 
■第六話 ピアノサークルの仲間とともに
 
1.ピアノサークル結成
 
2.教会で《幻想即興曲》
 
3.独学の先人に圧倒される
 
4.ゲリラ戦法のショパン
 
■第七話 レッスンの想い出
 
1.ピアノ教室をのぞく
 
2.最初のつまづき
 
3.なぜ、ツェルニー?
 
4.レッスン内容の変更を希望する
 
5.こんなレッスンでありたい
 
6.独学に戻る
 
■第八話 教材について
 
1.おとなになってから始めるピアノ
 
2.バイエルの由来
 
3.?伝統的”教材のよしあし
 
4.ハノン
 
5.ツェルニー練習曲 30番
 
6.インヴェンション
 
7.リトル・ピシュナ
 
8.相性で選ぶ教材
 
■第九話 ?ピアノの手”をつくる
 
1.小さな努力で大きな成果を!
 
2.小指と薬指を鍛えよう
 
3.黒鍵のハノン
 
4.オクターブの練習法
 
5.脱力とイメージ・トレーニング
 
■第十話 楽譜が読めるようになる日
 
1.まず、ドとファから
 
2.シャープとフラット
 
3.名曲を通して読譜になれよう
 
4.楽譜アレルギー克服!
 
5.楽譜と暗譜、近道はどっち?
 
■第十一話 《英雄ポロネーズ》に挑戦
 
1.憧れの大曲を
 
2.「どうして難しい曲を弾きたがるの?」
 
3.忘れていたコト
 
4.レパートリーを増やす
 
5.大曲、再び
 
6.達成!
 
■第十二話 理想の演奏をするために
 
1.音を出す前に考えよう
 
2.人の関心を引く音
 
3.人を感動に導く演奏
 
4.楽譜の解釈
 
・あとがき