• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
青風徒然草(音楽書)の画像

商品名:
青風徒然草(音楽書)
(212560/ブルーアイランド博物誌)
出版社:
音楽之友社
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
2,700円(税込)
サイズ:
A5
ページ数:
192
著者名:
青島広志
ISBNコード:
9784276212565
初版日:
2004年8月10日
再発行日:
2013/2/28 第7刷発行
一口メモ:
「教育音楽小学版」で連載された「青島広志の私的音楽塾 青風徒然草」の原稿およびイラストをまとめたエッセイ集。テーマは日本の音楽界をはじめ、西洋音楽の歴史や特徴、音楽を中心とする人間の文化的営みについて薀蓄を傾ける。
収載内容
 
序段
 
 
自営古典音樂家と云ふ物に就いて
 
藝古典音樂家と云ふ物に就いて
 
男子の化粧に就いて
 
樂士の値段に就いて
 
鍵盤楽器演奏の難しさ
 
鋼琴演奏女の孤独
 
完全なる音樂家の傍で
 
稽古指南と云ふべきもの
 
應募品評會に就いて
 
當世合はせ唄事情
 
ア・カペラと云ふこと 其の壱
 
ア・カペラと云ふこと 其の弐
 
ア・カペラと云ふこと その參
 
譯詩体験之記
 
第九番交響樂参加?末之記
 
日の本初の洋樂作曲家殿は
 
日本歌曲の?累
 
池袋の女又ハ妹の力
 
背戸に來るもの
 
猫寫こそ愛ぐし術なれ
 
歌えない歌、聞けない音樂
 
季節物、とくに降誕節御用達について
 
 
フェルマータと云ふもの
 
重變侶音の咄から
 
速度標語こそ物苦ほしけれ
 
參連符の解釋に就いて
 
装飾音に就いて
 
樂典珍答の事
 
和聲学と對位法に就いて
 
合唱指南書の用ひ方
 
移調と云ふ事に就いて
 
編曲心構へを問ふ
 
鋼琴用編曲の手引
 
叙唱と云ふ物に就いて
 
語り物に就いて
 
聲の張りに就いて
 
超高音日記 其の壱
 
超高音日記 其の弐
 
始め樂しく、終わり悲しい角笛の音
 
ドローン低音はゐなかの響き
 
自動演奏小函に就いて
 
 
音樂鑑賞教室と云ふべきもの
 
小学校音樂の極意
 
教諭方々に問ふ
 
余が專任を辞めた譯
 
手傳或ハ家來ノ頃
 
この比の言の葉は
 
新電信電話・考
 
音樂の誉め方
 
音樂を織らない人々
 
寫譜こそ樂の音の基なれ
 
或る浄書屋の死
 
校正と云ふ事 其の壱
 
校正と云ふ事 其の弐
 
當世樂譜事情
 
台本のことなど
 
テレヴィジョンと私 其の壱
 
テレヴィジョンと私 その弐
 
音樂家が出來る節約法
 
我嫌フ電化製品ヲ
 
音樂家の身分證明に就いて
 
企画制作司の御事
 
腰痛又ハ仕事の終焉に就いて
 
 
溜息さまざま
 
古典派のグロテスク
 
例へば浪漫派の初めは
 
譚詩または浪漫派優男の鋼琴物語歌に就いて
 
女子の曲を作りたる事
 
曲の引用に就いて
 
負ふた児に途を教はるる事
 
魔法の横笛に就いて
 
優雅な男装に就いて
 
死に至る病の詠
 
歌劇に於ける異国趣味 其の壱
 
歌劇に於ける異国趣味 其の弐
 
歌劇における異国趣味 その參
 
ティレジアスと云ふ御仁に就いて
 
演出の権利或イハ「薔薇武士」
 
小姓に就いて
 
ヴィリア幻想
 
人魚の聲
 
伎藝天に就いて
 
漆黒聖母巡礼之巻
 
天使之領分
 
骸骨舞又ハ死の舞踏
 
余羽ノ黙示録附聖安塔尼ノ誘惑
 
獨逸の謝肉祭
 
獨逸降誕祭見物記
 
結段