• 楽器アクセサリー
  • 「6月6日楽器の日」
  •  お取扱いクレジットカード 

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品の詳細
ガエターノ・ドニゼッティ/ロマン派音楽家の生涯と作品(音楽書)の画像

品切れ
商品名:
ガエターノ・ドニゼッティ/ロマン派音楽家の生涯と作品(音楽書)
(新装限定版)
出版社:
ショパン(ハンナ)
ジャンル名:
評論・伝記
定価:
3,240円(税込)
サイズ:
B5
ページ数:
521
編著者:
訳:高橋和恵
著者名:
グリエルモ・バルブラン/ブルーノ・ザノリーニ
ISBNコード:
9784883641963
(4-88364-196-1)
JANコード:
4524518009127 
初版日:
2005年6月15日
収載内容
 
出版にあたって(学長 吉田貴壽)
 
「ドニゼッティ研究家」グリエルモ・バルブラン(ジャナンドレーア・ガヴァッツェーニ)
 
凡例
 
序文
 
第1章 フクロウの飛翔
 
第2章 ボローニャ時代
 
第3章 困難な出発
 
第4章 ローマ、ナポリそしてミラノ
 
第5章 オペラ作曲家という哀れな職業
 
第6章 「ドッズィネッティ」対ドニゼッティ
 
第7章 個性の認識
 
第8章 『愛の妙薬』とドニゼッティの新しい喜劇のキャラクター
 
第9章 フェッラーラの宮廷で、バイロン、ゲーテ、ユゴーと共に
 
第10章 ナポリの王立音楽院の教授とパリのイタリア歌劇場付き作曲家
 
第11章 愛と死のドラマ『ルチーア』
 
第12章 英雄的リリシズムと遊びの世界での小休止
 
第13章 1837年 この上ない悲しみの年
 
第14章 1838年 『ポリウート』の誕生とイタリアとの別れ
 
第15章 オペラ、グランドペラ、オペラ・コミックの狭間で
 
第16章 「優しい心」の時期に
 
第17章 宮廷室内楽士長としてモーツァルトのポストに
 
第18章 人間の幻想についての最後のコメディ『ドン・パスクワーレ』
 
第19章 ヴィーンとパリの間 多忙な生活の幕引き
 
第20章 小詩人としてのドニゼッティ
 
第21章 ドニゼッティの評価について−過去と現在−
 
作品カタログ
 
訳者あとがき
 
主要参考文献一覧
 
略年表
 
地図
 
換算表
 
人名索引
 
著者・訳者紹介